恋愛&結婚 結婚したい気持ちはあるのに「恋愛できない」問題の解決策【後編】

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回のテーマは、「恋愛できない問題」について。30歳を超えると、「結婚はしたいのですが、男性が好きになれません」という悩みが激増します。

外資系の投資顧問会社で働く、秀美さん(仮名・32歳)もそのひとり。婚活をスタートして数か月になりますが、なかなか良い結果につながりません。

【これまでの経緯は前編で】

20代の恋愛と同じことを求めている

男性との出会いはあるのに、相手のつまらないところばかりが目についてしまい、好きになれないと悩み、私のところに来た秀美さん。

「どうすれば男性を好きになれるのか。どうすれば恋愛感情を抱けるようになるのか。私はもう男性を好きになれないのでしょうか」と私のオフィスで思い詰めたような表情で語ります。

そこで、私は質問をしました。

「秀美さんにとって男性を好きになっている状態、恋愛感情を抱いているような状態とはどのような状態を意味していますか?」

私がそう質問すると、すると、秀美さんは、少し考えてから「その人と出会ってすぐに、胸を銃で撃たれたような感覚で、幸せの絶頂にいられるような気持ちになる状態。そして、そういう状態を長く継続的に維持できる関係ができること」と答えたのです。それは、これまでの恋愛がまさに「燃えるような恋」だったからです。

その後、いくつかの質問のやり取りを経てから、私は秀美さんに「秀美さんが言うような状態をつくれるような出会いは、難しいどころか、無理に近いです」と。

秀美さんは「だって今まで私はそういう恋愛をしてきたんです!」と言いましたが、私が「それは20代のうちではないでしょうか。経験を重ね、人を見る目が備わる30代では、なかなかそうはいかなくなるのです」

30代で一目ボレはあるのか

1 2