恋愛&結婚 「酔って本音をLINE」はダメ、絶対!地雷LINEのリカバリーはできるのか【前編】

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、Suits womanの皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回のテーマは、キャリア女性が「酔って本音をLINE」してしまいがちなことについて。これが地雷となり人間関係を壊すことが急増しています。ここではこのダメージの回復方法を紹介します。

酔ってLINEを送りたくなる人は注意!

元カレに浮気されるトラウマがある

都内の製薬会社でMRとして働く由紀子さん(32歳・仮名)は交際2年の聡志さん(32歳・仮名)との遠距離恋愛に不安を抱えています。

由紀子さんは5年前、地元の関西にいたのですが、ある男性医師と2年間、お互いに結婚するつもりで交際していたのです。しかし、入籍の1カ月前に彼の浮気が発覚。しかも相手は、20代前半の看護師で、しかも彼女は妊娠していました。

彼もその親も、頭脳明晰で美貌とスタイルを誇る由紀子さんと結婚したい、そのため「相手の女性には誠意を尽くし、養育費も過分に支払う契約を結び別れた」と言いました。そのことそのものが、由紀子さんにはショックでした。結局、由紀子さんのほうから申し出て結婚は破談になったのです。

さらに由紀子さんは、勤めていた製薬会社を辞め、大学時代の恩師の紹介もあって、東京の会社で働くことにしたのです。

由紀子さんは、「もう二度と、医師とは恋愛しない」そう由紀子さんが心に誓ったのには理由があります。由紀子さんはこれまでに、3人の医師と交際しましたが、いずれも相手の浮気で別れているそうです。

「元カレの浮気がトラウマなんです。私だけを好きでいてほしいのに、すぐに浮気をする。医師はモテるので仕方ないのですが」

東京で働いてそう考えていた由紀子さんが出会ったのが、大手機械メーカーで技術者として働く聡志さんです。

出会いは共通の友人男性(既婚者)の紹介でした。「とにかくマジメすぎてつまらないやつだよ」と友人は事前に言い、由紀子さん行きつけのワインバーで集合。紹介当日も生真面目な表情で「はじめまして」と言う聡志さん。整った顔立ちと、スリムな体型は由紀子さん好み。また第一印象は「まじめそのもの」で、由紀子さんは好印象を持ちます。

その場では、由紀子さんが場を盛り上げて、楽しく話したものの、聡志さんからのリアクションは薄い。由紀子さんは「これはないな~」と思ったそうですが、その後、まさかの聡志さんの猛アプローチで交際をスタートさせました。

幸せな毎日を過ごしていたが、聡志さんは転勤になってしまう

1 2