恋愛&結婚 婚活中なのに不倫にハマるキャリア女性が増加!その理由と対策方法【前編】

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回のテーマは、結婚したいのに不倫にハマってしまう女性について。その傾向と対策を紹介します。

「守ってあげたくなる」と好きになってしまう

大手機械メーカーのマーケティング部門でキャリアを積む澄江さん(仮名・32歳)は、1年前から婚活に取り組むものの、なかなか良いご縁に恵まれません。

直近に別れた彼は、結婚の約束をしていた俳優志望でフリーターの男性。28歳から3年も交際し、澄江さんは入籍する日を心待ちにしていました。

「彼はイケメンで優しい。私、守ってあげたくなる男性が好きなんです。私が稼ぐし、私の言う通りにしてくれて、お小遣い程度を稼いでくれる男性と生活したかったのです」と振り返ります。

しかし、彼は澄江さんに内緒で、200万円もの借金をしていたのです。

何度か彼の部屋で、督促状らしき封書を見たことはありました。そのときに、「これは何?」と聞いても、彼は素知らぬ顔で「何かの間違いみたい。連絡しておく」と言い続けます。そのお金の使い道は、浮気でした。大学生の女性に入れあげて、高級ホテルなどを泊まり歩いていたのです。そこには、澄江さんが渡したお金も使われていました。

そして、「もうこの人は信じることはできない」と、彼との別れを決意。

次は信頼できる人と出会って付き合いたい。そう考えていろいろな人と出会うも、澄江さんがピンとくる出会いはなかなかありません。

澄江さんは容姿が整っており、人見知りしない明るい性格もあって、声をかけてくれる男性に不足することはありません。しかし、その多くはモラハラの気配があるハイスペック男性。

澄江さんは、イケメンで優しいが、ルーズな元彼との生活に慣れていたので、彼らとの交際が想像できません。また、「裏切られるのではないか」と相手を疑い、警戒心を強めてしまうのです。

それから半年、ミーティングルームを出た澄江さんに「おお!久しぶり!」と声をかけてきたのは誠司さん(仮名・38歳)です。海外勤務から帰って来たばかりで、マスクをしてはいましたが目は生き生きと優しい。大学時代の同級生と結婚し、子供が2人もいる男性ならではの安定感もあります。

かつては、後輩と先輩の関係だった

1 2