恋愛&結婚 【恋とキャリアの上方修正】彼女になれない女性が共通して行なう「LINEの悪い癖」とは~その2~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきた、キャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、モテるのになぜか「彼女」や「妻」になれない女性が共通して行なう「悪い癖」についてお話します。村上芽衣子さん(仮名・30歳)は、中堅出版社の編集者でとてもモテますが、彼女として選ばれないのが悩み。婚活を頑張っているのに、30歳までに結婚するという目標は絶望的だと私のところに相談に来ました。

その1はこちら

女性の忖度と気使いは悪循環しか生まない

芽衣子さんの問題は、LINEで気を使いすぎること。

「いろんなことを考えながらも、頑張ってLINEをしているんです。相手は私に好意を持っていることはわかります。だから、LINEをしているんですが、せっかく送っても、既読から返事がくるまでの時間が長い。そして返ってきても、素気ない返信ばかり。ああ、だったら、最初から辞めておけばよかったといつも自己嫌悪に陥っています。その結果として、よほどのことが無い限り、LINEはしないようにしています」

そうして次の出会いでもまた、慎重にあれこれ考えて、自分から距離を置いてしまうのです。そんな悪循環に芽衣子さんは陥ってしまったのでした。

「いい男性と出会って食事に誘われるだけでも、奇跡的なことだと思います。その男性に私も好意を持っていたのに、気を使いすぎるあまり、チャンスを棒に振っていたんですね」と語る芽衣子さん。

芽衣子さんのような女性は多く、皆さんに言いたいのは「男性のLINEは素っ気ないのが普通であって、既読スルーもします」ということ。

女性は「好きなら返信してくるはず。素っ気ない返信はしないはず」と考えていますが、それは男性には当てはまりません。好きでも返信しないことは多いですし、素っ気ない返信を繰り返してしまうのです。

返事を気にするのではなく、相手の人間性と向き合うことが大切

1 2