恋愛&結婚 外出自粛の今、結婚したいけど祈って待つだけ?スピリチュアル依存の恐怖

結婚したい、幸せになりたいと願望は持ちながら、ずっと独身という方の中には、神社巡りやスピリチュアルが好きという方もいらっしゃいます。心のよりどころとのかかわり方を、この機会に見直してみませんか。

ハマるきっかけは病気、パワハラ等の逆境

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

独身でいつか結婚したいと思っている人が、皆婚活しているわけではありません。「結婚したいな」と思いながら相手探しはせずスピリチュアル、神社巡り、占いなど精神面や運気などを知ることにはまって、相手不在なのに婚活した気分になっている方も大勢おります。

ある方はお母さまの病気がきっかけで、あるヒーリングセッションを受講しました。看病や「なぜ?まだ若いのになぜ母が?」という答えのない疑問を持っていたところ、そのヒーリング講師は病気を引き起こした訳を解説してくれました。そこが、ハマるきっかけになりました。

ヒーリング講師からの勧めで、自分も講師の資格が取得できる高額セミナーを受講します。そこで多くの仲間ができ、その人たちはみんな自分を肯定してくれ、居心地がよかったとか。結局、お母さまの病気は好転せず亡くなりました。まだ彼女は20代でした。

しかし、継続してスピリチュアルにはまり、30代になったときも理想の男性を引き寄せようとしておりました。「私は魅力的な女性と自分に暗示をかけることが大事だ」と思っていたそうですが、毛玉だらけの服を着て、眉毛もボサボサでした。そんな勘違い人間に、良縁があるわけはないのですが。

別の女性は職場でパワハラを受け、うまくいかない原因を知ろう、性格を変えようと思ってある心理カウンセリングセミナーに参加します。不遇な扱いを受けていたため、大勢の人から全肯定されるセミナーは居心地がよく、勧められるままに高額の講師資格が取得できるセミナーに参加したそうです。

今も新型コロナウイルス感染拡大で、大変な思いをしている方もいるでしょう。情報が二転三転してどうするのが正解か分からないときに、心のよりどころとしてスピリチュアルの沼にはまってしまう方もいるかもしれません。

専門家や責任ある立場の人は不確定なことを断言せず、どうしていいかわからない発信が多いのですが、スピリチュアル界隈のメッセージは分かりやすいのです。

ずっと幸せ準備中。気がついたら独身アラフォー

なぜ相手探しもしないで、効果が分からないスピリチュアルにはまってしまうのか、不思議な方もいるでしょう。神社に行ってお参りをしても、パワーストーンを身に着けても、幸せ日記を書いても結婚できるわけではありません。

ただ、スピリチュアルは効果がはっきりしない分、分かりやすい失敗もないのです。婚活パーティーに参加すれば、誰からも選ばれないという「結果」も出るかもしれません。頑張って出会いの場にでても、異性から拒絶されることもあるのです。

すごく美人でもタイプは人それぞれなので、すべての男性に好かれるなんてことはなく、相手から選ばれないなんて婚活にはつきもの。当たり前のことなのですが、拒絶や失敗を過剰に怖がる方にとっては、まだはっきりとした効果が出ないスピリチュアルや願掛けのほうが楽でしょう。

スピリチュアルに長年のめり込んで、ご縁を引き寄せようとしていた方々に聞くと「まだ幸せになる途中にいるんだ。今は幸せ準備中」と思っていたそうです。今の延長上に幸せがあるのかと疑いだしたのは、40歳が近づいてきたのがきっかけだったそうです。

ずっと現実逃避をしてきて、一度も男性と交際経験がないままアラフォーになったという方がご相談に来たことがあります。初めて男性と出会う場に出ていくときは、ものすごく怖かったそうです。

自分で行動する勇気が出なくなるので、スピリチュアル依存や占い依存は怖いのです。

1 2