恋愛&結婚 外出自粛の今、結婚したいけど祈って待つだけ?スピリチュアル依存の恐怖

自粛中の今、スピリチュアルグッズを手放そう

今、アマビエ(疫病退散の妖怪)がネット上で人気です。アマビエグッズでコロナ収束祈願している方も多いとか。自粛して家にいるという状況では、最期に神頼みもしたくなりますよね。そんな中でちょっとかわいらしいアマビエは、ギスギスした心の拠り所になるかもしれません。私はスピリチュアルが悪い物とは思いません。

ただ、婚活においてスピリチュアルを活用する順番は重要だと思います。行動して、自分で出会いをつかんだ男性と2~3回目のデートの前に人知を超えた存在に祈ることで、リラックスして男性の前で自然に振る舞うことができるのならば、どんどん利用しましょう。

ただ、2~3回目のデートに至るまでは、マッチングアプリや結婚相談所といった婚活サービスも活用して出会うために行動しましょう。

厳しいのですが、引き寄せの法則、スピリチュアル、ヒーリング、占い等の精神世界にのめりこんでしまった方がそのまま出会いの場に行っても、自分の外見への手入れが至らないことが多く、選ばれない可能性が高いです。内面を見てほしいと思うかもしれませんが、外見がアウトな女性の内面など注目しません。

「ありのままの私を受け入れてくれる人に出会いたい。女性を外見で選ぶような男性と結婚したいわけじゃない」と言っている御朱印集めが好きな女性がおりました。学生時代から変わらない丸首カーディガン、フレアスカートといった幼い恰好で婚活の場に出ていくのですが、彼女に寄ってくるのはパーカーやチェックシャツを着た太ったおじさんです。「せめて清潔感がある男性がいい」と自分を棚上げして相手の男性の服装には平気で文句を言っておりました。そこでようやく、初対面の印象は大事だと気がつき、自分の幼い服やバッグをたくさん捨てて、自分を客観的に見直すことにしたのです。

その後、無事に彼氏はできました。

出会い探しの前にやるべきことは、部屋の片づけです。スピリチュアル本、名言や格言のポスター、神社のお札、アロマ、パワーストーン等がないでしょうか。毛玉だらけの服、10年前からテイストが変わらないような実年齢にそぐわない幼い服はどうでしょう。

また、スピリチュアル系のメルマガ、LINEなどたくさん届くように設定している方もいるかもしれませんね。

そんなアイテムを、このおこもり期間に手放してみませんか。

スピリチュアルは、ハマると抜け出せなくなる人も多いよう。

賢人のまとめ

行動力や決断力を奪うスピリチュアルは毒。祈って願っても結婚できません。

1 2