恋愛&結婚 コロナでますます進む二極化、「婚活を卒業する人」と「取り残される人」の差はどこでつくのか

活動する人、取り残される人の差が出る要因は?

結婚相談所以外でも、オンラインの婚活パーティーが誕生したり、人気マッチングアプリPairsにビデオ通話機能が追加されたり。外で会う以外にも異性と交流できるようなサービスはここ2か月で多数登場しました。

オンライン婚活パーティー運営者の方に話を聞くと、確認しているわけではないようですが、おそらくは参加者のほとんどが一人暮らしであろうということでした。確かに、会話しているのを家族に聞かれたくないという気持ちはあるでしょう。

今年中に結婚したいけれど、一度もオンラインの婚活は使ったことがないという30代女性に、何がネックなのか事情をうかがいました。彼女はZoomを使うことに抵抗をお持ちでした。

「セキュリティー問題をニュースで見たので使うのが怖い。Zoom婚活パーティーに参加しても、他の参加者にスクリーンショットで写真を撮られるかもしれない。部屋の背景で住所が特定されても困る」

と言います。彼女のように個人情報漏洩を心配して、Zoomを使いたがらない人の話は他でもあちこちで聞きます。

安心、安全面を強く気にする人は、ここ1~2か月の間で登場したばかりの婚活サービスは利用しないでしょう。安全面は今後解決されるかもしれませんが、その時、あなたは何歳なのでしょうか?

コロナで婚活に差がつく要因の一つに、柔軟さがあると思うのです。

賢人のまとめ

柔軟になろう。変化の多い社会で取り残されないように!

1 2 3