恋愛&結婚 「公務員=マジメないい人」は大間違い!婚活市場のアラフォー公務員男性の問題児列伝

公務員は結婚したい男性の職業で人気です。でも、結婚願望があって婚活しているアラフォー公務員男性は、問題がある男性も多いようです。

結婚相手の職業として人気の公務員。

安定している公務員は人気職

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

マイナビウーマンが2017年4月に407人未婚男女に聞いた、「結婚したい職業」で男性1位は公務員でした。2位が会社員、3位は医師でした。

安定しているイメージの公務員は、人気があるようです。婚活パーティーでも「公務員男性限定」のイベントもあります。

大手企業勤務の独身男性とは違って、公務員は地方にもたくさんいます。人気職であっても、医者や弁護士の妻を狙うより手が届きやすいイメージで、公務員男性を希望している女性はあまり高望みしているつもりはないようです。

でも、婚活市場で出会う公務員男性は、相手の立場に立って考えられない人も多いので要注意なのです。

二世帯住宅を建てて婚活している地方公務員

東海地方在住30代半ばのAさんは、結婚相談所で地方公務員の男性と知り合いました。初デートはスタバで割り勘だったそうです。2回目のデートはラーメン屋でそこも割り勘だったとか。

Aさんは食べることが好きなのと、男性におごってもらおうと思っているタイプではなかったので、「そこで断らなくてもいいかな」と思っていたそうです。

ただ、徐々にもやもやすることが増えてきました。

3回目に彼と会う時は、待ち合わせ場所に着いてから「どこ行く?」とデートプランを丸投げされました。「もう若くないし、私が思う条件に合う男性ってこういう人かな」と思ってしまったそうです。

イルミネーションを見にいった日の帰りに、「家は建ててあるから僕の家に来てほしい。子どもが生まれても、親も近くにいるから子育ては手伝ってもらえるよ」と結婚をほのめかすようなことを言われ、ドン引きしたそうです。まだ交際しているわけでもありません。家があると言われても、Aさんだって理想の住まいがあります。

「家ってどこにあるの?」と聞いたら、彼は住所を教えてくれました。解散してから、GoogleMapで検索すると、出てきたのは玄関が2つある新しめの二世帯住宅でした。

Aさんはその男性と結婚生活は無理だとはっきりわかり、関わるのをやめたそうです。最後のデートまで割り勘だったそうです。

1 2