恋愛&結婚 彼氏すらできない婚活難民が、無自覚でおかすLINEの失態とは?

一生懸命婚活しているのに彼氏すらできず1年過ぎてしまったなら、ちょっと男性とのやりとりを振り返ってほしいのです。これまであなたは「お食事でもいかがでしょうか?」と男性から連絡が来たら、なんと返していましたか?婚活が長期化する女性は、男性が好まない文を送っているケースが多いのです。

ちょっとしたやりとりに、婚活がうまくいかない理由が隠れている?

男はLINEやメールの文面で悩み、女は「いい男がいない」と悩む

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

男性は、LINEやメールでどうやって親しくなったらいいかと悩みがち。そして、女性が嫌がる「おはよう」「今日も頑張りましょう」のような挨拶だけ送ったり、「今日は雨で出勤するのが大変だった」と日記のような報告をしてきたり、「週末は何してましたか?」と彼氏でもないのに私生活を詮索するメールを送ったりしてしまうのです。

もし、男性が読んでいたらこのような文章は送らないでください。女性の皆さんはこういう文面が送られてきても、それだけでダメ男認定して断らないでください。結婚したら「終わった。帰る」のような業務連絡しか送らなくなるのですから。

男性は文面で悩むのにたいし、女性は「婚活しているのに好きになれる男性に出会えない」「いい男がいない」「普通の男性でいいのに出会えない」と悩んでしまいがち。すでに出会っていた男性の中には、そりゃポンコツもいたかもしれません。でも、普通の男性もいたはずです。その普通の男性が、なぜあなたはやりにくいと感じるのか、自分の方に原因があるかもしれないと考えてみませんか?

「はい」と答える前提の疑問文は、全て面倒くさい女認定

私はご相談にいらっしゃる方々に、LINEやメールの添削も行なっております。ご自分では「人と話すのは得意」「コミュニケーション力は普通」と思っていても、長年彼氏がいなくて男性とのコミュニケーションに慣れていない女性はよく嫌がられることをやってしまっています。

個人差は大きいという前提はありますが、男性と女性はコミュニケーションにおいて重きを置くものが違います。「昨日、家のパソコンが動かなくなっちゃって」と同僚が言ったとします。女性は「大変だったね。困るよね」と共感する方が多いのに対し、男性は「何の作業やってたの?」と問題解決しようとしがち。

話していて会話がかみ合わないのは、相手の男性にコミュニケーション力がないというより、そういう重きを置くものが違うからかもしれません。

女性のあなたがお菓子のおすそ分けをするとします。「これ食べる?」と疑問文で聞いても、女性なら「ありがとう」と返すかもしれません。しかし男性は「これ食べる?」と疑問文で聞いたら、「食べる」「いや、要らない」とYes、Noで答える確率が高いと思います。

男性がよく嫌がるのが、「はい」と答えること前提の疑問文です。多忙な男性に会いたいと思っている女性が「今月って忙しい?」と聞いても、彼は「うん」というでしょう。

「忙しいけど君に会う時間ぐらい作るよ」なんて話す男は、少女漫画の中ぐらいにしかいないのではないでしょうか。

「会いたいと思っている」と思いをそのまま伝えないと、男性には伝わりません。

1 2