恋愛&結婚 同年代や年上は“おじさん”だし対象外!婚活でしくじる、年下男好きな30代・40代の女たち

近頃は、年下の男性と結婚する女性も珍しくはなくなりました。年下の男性がタイプという女性もいますが、まず年齢で男性をスクリーニングする女性は婚活でダメンズを引き当てがちです。

同年代や年上だと「おじさん」だし、あとは年下かな。

若さは男女ともに婚活では武器である

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

婚活の場で若さはブランドです。実家暮らしでも高卒でも年収が高くなくても、20代という若さゆえ、許される場合があります。

女性のみならず、男性においても若さは同じく貴重です。30歳女性が、年収500万円台35歳男性と年収300万円台25歳男性から申し込まれたら、後者の方が「こんな若い子から申し込まれた!」と嬉しくなるかもしれません。

最近、ナインティナインの岡村隆史さん(50歳)が30代女性と結婚しました。何歳の年の差か存じませんが、10歳以上年齢が若い女性と結婚できるのは、芸人としての成功やコミュニケーション力など魅力があるからです。

こうした付加価値がある男性が若い女性を射止めることができるのは周知の事実ですが、女性においてもそこは同じです。年下の男性と結婚する方は魅力と運があったからこそ。

狙うのであれば自分の今の年齢を相対的に「若い」と感じる年上を狙う方が簡単で、年下の男性をターゲットにすればそれだけハードルは高くなるのです。それでも「年下の男性」にこだわってしまう女性達がいます。

母性強すぎ?年下ダメ男をかわいがる30代女性

30代の麻衣さんの歴代彼氏は年下が多いそう。「職場の後輩君ともいい感じになって、ちょっかい出してきてかわいいなと思ってたんです」

そのいい感じとは、どういうことなのでしょうか。

その後輩君は入社4年目で、まだ20代半ば。大先輩である麻衣さんに仕事の質問をしてくるのだといいます。職場では苗字にさん付けで呼ぶのに、ある時「マイ姉って呼んでいい?」と言われてそれを許したそう。そこから彼のLINEは、ため口になったのです。

また、ある時、3日間開催される展示会で麻衣さんはリーダーを務めました。リーダーは前日から準備があるため会社の近くのホテルをとって出張扱いだった一方、他の人は交代で1日だけの手伝いなので自宅から会場に向かっていたそうです。

その際に、例の後輩君に「マイ姉はホテルでいいな。部屋に泊めてよ」と言われて、言われるがままに泊めてしまい男女の関係になったそうです。ただ、付き合おうとは言われていないとか。

第三者が聞けば、麻衣さんは利用されているだけだと思うでしょう。しかし、年も下で会社の立場も男性の方が下なのです。権力を利用して男女関係に持ち込んだわけではありません。

「もうこの関係をやめよう」と言った時に彼に泣かれて、なし崩しでまた関係を持ってしまったとか。頭では分かっていても「かわいくて」やめられなかったといいます。

その後、後輩君は転職することになって会社を去ったそうです。麻衣さんには事後報告でした。

麻衣さんはそれから婚活を始め、アプリで6歳年下の東海地方在住の男性とマッチング。彼が首都圏に出張の時に会うというのを、数か月繰り返しているそう。出張先の暇つぶし要員であるのは感じていても、また「かわいくて」切れないのだといいます。

1 2