恋愛&結婚 苦しい思いが長引く可能性高し!30代・40代女性の1年超えの片思いの行方

好きな人がいて、忘れた方がいいのに忘れられない。片思いは苦しいでしょう。30代・40代で片思いをした場合、長引く場合が多いです。どうしたらいいのでしょうか?

アラサー以上の片思いが長引くと、どうなる?

好きな同僚にラブレターを渡そうとする平成の30代

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

佐藤麻衣さん(仮名・31歳)は、20代半ばでも全然通用しそうな女性。ほっそりし、肌も髪もつやつやで黒目がちな小動物のような可愛らしい女性です。学生時代の彼氏と遠距離がきっかけで別れてから、ずっと彼氏がいなくて30代になってしまったそう。

合コンに誘われていったこともあるけれど、男性と二人で会うところまでいかず、婚活らしいこともせずに来てしまったといいます。

「実は好きな同僚がいるんです。でも、向こうは私のことは何とも思っていないだろうし、忘れて他の男性と会うようにした方がいいですよね。もう若くもないし」

佐藤さんは数年間同僚のTさんに片思いをしていて、忘れられず次の出会いにも踏み出せないのでした。

「お手伝いしたいですけど、努力して忘れるなんてことはできないですよ。そのTさんが独身なら相手にアプローチする方法だってあると思いますけど」

「そうですか。じゃあ、手紙を書いて気持ちを伝えてみようかな」

「え!手紙はやめよう!」

スマホが普及していない時代の学生ならばそういう手段も有効かもしれないけれど、相手の男性の取りようによっては業務に支障があるセクハラとも受け取られかねません。幸い、すぐに佐藤さんはラブレター作戦は踏みとどまってくれました。

好きになったころの相手と実態が乖離している

大人が片思いを長期化させるとろくなことがありません。

若ければその恋だって成就するかもしれない。成就しなくても、若ければ恋をしていることで、好きな人に注目してもらいたいから勉強やスポーツを頑張ったりと、片思いが成長の原動力になりプラスになるかもしれません。

しかし、10代・20代と30代・40代は時間の経過が違うのです。あっという間に1年どころか5年以上ぐらい経過しているかもしれません。

好きになった出来事があったときから時間が経てば、その相手だって片思いの期間に変わっていく可能性もあるでしょう。実態と乖離している空想の相手に恋をして、自分もどんどん年を取ってしまうのです。

自分に興味を持ってくれた相手に感謝できる人ならばいいのですが、片思いを引きずる方の場合は、妄想王子と婚活で会える相手を比較し、「好きになれない」とお断りする事例を見てまいりました。甘酸っぱい素敵な思い出になればいいかもしれませんが、大人の片思いは笑えない黒歴史であることが多いのです。現在進行形の方がいたらごめんなさい。

1 2