恋愛&結婚 「まず調べ、納得してから動く」……真面目過ぎる人が婚活で苦戦する理由は、行動量不足にあり

「結婚ぐらい普通にできると思っていた」……気がついたら30代。婚活すべきなのか、でも大変そうだし怖いと思う方も多いでしょう。婚活って独身者の中でもまだ2割ぐらいの人しかやっていません。やっていない人のほうがまだ多いのです。

調べ過ぎて、身動きが取れなくなっていませんか?

婚活は結婚したい独身者の約2割しかやっていない

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

先日、他業種の方と話す機会がありました。

「恋人がいる人が減っているから、婚活する人って増えるんですよね」

と言われました。おそらく、そう思う人は多いのでしょう。増えてはいるけれども、いつか結婚したいと考えている独身者のうち婚活サービスを利用したことがある人は、実は25.5%だけなのです。

参照:婚活実態調査2020(リクルートブライダル総研)https://souken.zexy.net/data/konkatsu/konkatsu2020_release.pdf

「婚活」という言葉が流行語にノミネートされたのが2009年。当時と比べると、婚活サービスを利用している人は増えました。ただし生涯未婚率も上がっています。

5年10年婚活しているベテランに遭遇することも珍しくなくなってしまいました。ネットには婚活の失敗談があふれており、婚活サービスも普及したけれども「婚活って辛いらしい」という評判も広まってしまったのです。

情報収集するタイプの方でしたら、結婚相談所なんて大枚叩いたところでその仕組み内では1~2割しか結婚しないこともご存じでしょう。

「結婚したいな。じゃ、婚活だ」とならないのもごもっともだと思います。相手ありきの婚活は選ぶ、選ばれるという結果が伴うもの。もちろん選ばれなければものすごく傷つきます。

いい出会いがあったらいいなと願いつつ時間が過ぎる。大多数の独身の方ってそんなものじゃないでしょうか。

結婚したい、彼氏が欲しい理由が漠然としている

私のところにご相談に来る方の多くが婚活らしいことをしていないのです。高学歴・高収入、所謂「ハイスぺ女子」で仕事ではPDCAを回しているであろうビジネスウーマンでも、自分のライフプランに至っては縁結び神社に行ってお祈りで済ませていることもあります。

その中の一人、Tさん(30代半ば)は今まで恋愛経験はありません。親に「結婚しないの?」「孫が見たい」と言われ、今まで一緒に旅行に行っていた友達も結婚し、それで迷ってご相談に来ました。

「なぜ結婚したいのでしょうか?」
「親に言われて。友達も結婚してしまって」
「結婚したいと彼氏が欲しいだと、どっちが近いでしょうか?」
「恋愛もしたことがないし結婚はハードル高いかなと思いました。結婚相談所も話を聞きに行ったことはあるけど、スピード感についていけなそうなので。まず彼氏かな。でもこの年で彼氏欲しいとか言ってる場合じゃないんですよね」
「別にそんなことないから。まず彼氏が欲しいなら、それはそれでいいんだよ」
「でも、普通はどうなんですか?おかしくないですか?」

Tさんに限ったことじゃないのですが、結婚したいというより周りを気にして必死に「普通」であろうとするのです。

普通って今どきないのに。

1 2