恋愛&結婚 受け身な女性は正直面倒くさい……おしとやかなタイプが婚活で売れ残る理由

普通に結婚ぐらいするだろうと思っていたのに、気が付いたら相手もいないままアラサーに……。受け身で自分の意見を主張することがあまりない女性を、昔は「おしとやか」と表現し、むしろ肯定的に思われたかもしれません。でも今は、おしとやかな女性ほど婚活は苦戦するのです。

親世代の価値観にとらわれすぎていませんか?

親や先生の言うことに従う、反抗期のなかったいい子が婚活で苦戦する

あけましておめでとうございます。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

恋愛観も時代に応じてアップデートしていきたいものです。昭和ならもしかしたら男性に従順で、受け身な女性は「おしとやか」と肯定されて、人気があったかもしれません。ところが、令和においては、全部男性が決めてリードしていかなければいけない、自立していない女性は面倒くさい存在以外何者でもありません。

自立していない、依存度が高い女性とはどういう女性なのでしょうか。意外にも真面目で高学歴で堅実でちゃんと働いている場合が多いのです。幼いころは親や先生の言うことに従い、言われたことを真面目に何でもこなしてきた、そんな反抗期もなかったような女性達です。結婚したくて婚活をしているというより、親に言われて親を安心させるために始めたり、「普通は結婚ぐらいするはず」といった義務感で婚活をしているのです。

好奇心がなく反応の薄い受け身な女性より、わがままな女性の方が一緒にいて楽しい

「どういう男性がいいですか?」「誰でもいいです」
「何が食べたいですか?」「なんでもいいです」

こんな感じで自己主張をしない女性は、選択肢を広げるために、良かれと思って振る舞っているのかもしれません。でも逆の立場に立って考えて欲しいのですが、ヒントがない中で提案をするのは難しいのです。

「誰でもいい」と言って婚活をスタートしても、申し込まれた男性を「なんかフィーリングが合わない」と言って断る女性はいます。「なんでもいい」といったのに、連れていったお店に対し不平不満を持つ女性もいます。

食事をすることになって何でもいいというから、近くのスターバックスのようなコーヒーチェーン店に入ったら、後で「チェーン店じゃないお店がよかった」と言っていた女性がいました。ただ不平不満が多いだけですよね。

後で文句を言うのならば、初めから「イタリアンがいい」「ここに行きたい」と自分から言えばいいのに。受け身な女性はこうした自己主張を“わがまま” “自分勝手” と思い込んでいるのです。

子どものころは「あそこ行きたい」と駄々こねるより、親の言うことに従う方がいい子だったかもしれません。女性同士なら察し合うので、自己主張しなくても何となく双方がいいお店に決まるかもしれません。

でも、男性とそれではダメなのです。ただ取り扱い方の分からない面倒くさい女性です。

1 2