恋愛&結婚 AI婚活に過剰な期待は禁物!AIが紹介しても選ばれない人は選ばれない

昨年、政府がAI婚活を後押しするというニュースが話題になりました。AI婚活に期待する声もあるのですが、AIが釣り合う人を紹介すれば結婚する人は増えるのでしょうか?

AI婚活なら、いい人に出会える?

AI婚活なんてもうとっくに始まっているのに

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

政府が後押しするというAI婚活。しかし、地方自治体の婚活支援はだいぶ前からやっていますし、AI婚活も以前からありました。婚活業界だと「データマッチング」という言い方をしていました。

注目が集まったのは個人的にはよいことだと思いますが、誤解も多いなと思います。

マッチングアプリもAIで相性がいい人を探すという技術は進んでいて、同じ条件で異性を検索しても、登録者ごとに上位に表示される人は異なります。その結果、ずらっと並ぶ相性がいい人の中から、さらに写真のいい人を選ぶので、モテ格差が広がるのです。

埼玉県では2018年からAI婚活を導入し「恋たま」という官製結婚相談所を運営しています。自分でも相手を探して申込めますし、定期的にAIから相手を紹介されます。みんな働きながら貴重な休日を使って婚活をしているのです。でも、紹介される人全員に会ってみようなんて人はほとんどいません。AIから紹介されても、男女双方が会う希望を出さなければ初デートは成立しません。

結婚できない人ほど釣り合う異性にダメ出しする

AI婚活導入のニュースが出たときに、「昔はお節介おばさんがいて紹介してくれたから」なんてことを言う人がいました。

昭和と比較したら、現代の方が私生活に介入してくる人は減ったでしょう。それでも今も友達の紹介で知り合った方と結婚している人はいます。紹介して相手から喜ばれるような素敵な人ならば、紹介の話は来ます。

周りに「婚活している。誰かいい人いたら紹介して」と宣言して、あなたに誰か紹介の話を持ってきた人はいました?いないなら……そういうことです。

紹介が減っているということもあるけれど、紹介を受ける側にもなんらかの問題はあると思います。

読者の方から、

「『紹介して』と言われたから、その人に釣り合いそうな知り合いを紹介しようと思ったのに、お礼より先に『その人はどういう人?』と品定めされた。もう二度とこういうお節介はしないと決めた」

「同級生がまだアラフォー独身で結婚したいと言っているから紹介しようと思ったら『自然に出会って恋愛結婚したいからいらない』と断られた」

なんて愚痴もいただくのです。

婚活サービスを使っても結局、自分と同じレベルの人にしか会えません。結婚できない人は、自分のことを棚に上げて異性のダメ出しばかりするのです。

1 2