恋愛&結婚 30代は同級生とライフステージを比べちゃダメ!33歳で初めて彼氏ができた話

友達は結婚して出産して……。20代後半から同級生とのライフステージの違いが出てきます。30代で一度も彼氏ができたことがないと、「もう私なんてどうせダメ」と思ってしまうこともあるでしょう。

アラサーで婚活せずに、一生独身……と諦める女たち

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

私のもとには「婚活をしてもうまくいかない」と相談に来る人もいますが、何も行動していない状態でご相談にいらっしゃる方も多いです。

「一度も彼氏ができたことがないんです。もうヤバいですよね。もう結婚とか諦めて老後資金貯めた方がいいのでしょうか。それともまだ可能性があると思いますか?」

と、やってきたのは、公務員の真由美さん(仮名・33歳)です。控えめで化粧っ気はなく、クローゼットの写真を見せていただくと、紺、白、黒、茶、ベージュの服だけでした。

結婚している同僚は20代のうちに結婚して、今の部署で独身なのは、結婚にもはや興味のなさそうな40代や50代の女性と、新人だけとのこと。

10年後、20年後におそらく自分はその独身の同僚と同じようになっているのではないかと思っているそうです。でも、行動を起こす前から諦めなくてもいいのに……。

確実そうなことを探して失敗を怖がって行動しない20代

真由美さんは学生時代、所謂キャンパスライフを謳歌していなかったタイプ。有名大学に進学しますが、華やかな女子大生グループと自分は別人種だと壁を作り、恋バナなどしなそうな友達とつるんでいたそうです。

「友達といっても、もともと一人が好きですし、その友達も本当に友達だったのか。結婚したことを年賀状で知って……。彼氏がいたということも知りませんでした」

そんなときに「いつから付き合ってたの?」と気軽に聞ける人もいると思いますが、真由美さんは衝撃が大きすぎて何も聞けず、その友達とも疎遠になってしまったそうです。

就職してからも飲み会などの誘いがなかったわけではないそうですが、参加してもそれで何かに発展するわけでもなく。合コンと呼べるものに参加したのは20代前半のころに1度きりだったそう。その合コンでは周りの空気を読み、どう振舞うのが正解なのか答えを探し、まったく楽しくなく辛い時間だったそうです。

男性の紹介話も20代のころにあったそうですが、「会ってから断ったら紹介者から高望みしていると言われるかもしれないし、向こうから断られて傷つくかもしれない」と悩んで会うこと自体を断ったそう。

双方を知っている人が紹介するのだから、釣り合ってうまくいくかもしれなかったのに……。

真由美さんはそういうふうに裏切られるのが怖く、期待して挑戦して失敗するぐらいなら、何もしない方を選択し、確実なことを探す癖がついているようです。

結果的に、20代のうちに何の恋愛経験も積まずに30代になってしまいました。失敗を避け続けた方が、大失敗と考えることもできるのに……。

1 2 3