恋愛&結婚 30代は同級生とライフステージを比べちゃダメ!33歳で初めて彼氏ができた話

卑屈は、裏を返せば謙虚な女性

アプリですっかり自信喪失した真由美さんは「誰からも選ばれなかったらどうしよう」と、婚活パーティーへの参加も渋っていました。

「今は服装もメイクもちゃんとしているし、誰からも選ばれないなんてことはないですからね。『参加したら合格』ぐらいの低いところに目標を設定していってみましょう」

「分かりました。『参加したら合格』ならできるかもしれません」

と参加したパーティーで、一番若い30歳の男性とマッチングしてきたのです。でもそこで有頂天にならないのが慎重な真由美さん。

「あれはたまたま運がよかっただけで、2回3回会ったら嫌われるかもしれないし、他のパーティーも参加してデートする相手を増やしたいです。まして彼は30歳だし20代女性と幾らでも付き合えますよね」

と言って、自主的に新たに婚活パーティーを探して参加してきました。そこでもマッチングされたのです。

マッチングアプリの1人、婚活パーティーで知り合った男性2人とデートを続けて誰からもフラれることはありませんでした。一番早く告白してきたのは30歳の年下男性です。

「上から目線の女性が多い中で、真由美さんはいつも丁寧だし、優しくて。だからずっと一緒に居たいです」
「ありがとうございます。一度も男性とお付き合いしたことがないのですが、いいのでしょうか?」
「そんなこと気にしません。僕もあまり恋愛経験ないですから」

こうして10人も会わないうちに初めての恋活は終了し、34歳で入籍されたのでした。

20代でモテてチヤホヤされてしまった女性が、30代で市場価値を受け入れるのは大変ですが、モテない歴33年の真由美さんは常に謙虚だったのです。そこが魅力と感じられたのでしょう。

何も行動していないのに、あきらめない。

賢人のまとめ

30代だからってあきらめないで!行動する人にとっては、今が一番若いとき。

1 2 3