恋愛&結婚 「私たち婚活女子は…」自分の問題を一般化するアラフォーたち。目指すのは結婚?婚活評論家になること?

アラフォー婚活女性は大きく2種類に分けられます。ひとつは婚活を始めたのがアラフォーだったという人です。もうひとつがアラサー時代から何年も婚活し、独身のままアラフォーになったという、婚活がライフワークになってしまった女性です。後者の方が婚活を成功させるのは難しく厄介です。

婚活アカウントで情報収集する、婚活女性たちの実態

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

SNSに婚活日記を投稿する女性は多いもの。

アラサーのライターの友人は、マッチングアプリや婚活パーティー、合コンで婚活しながら、その時に思ったことを婚活専用のSNSアカウントを作って投稿していました。

婚活中の女性から「いいね」を集め、数百人のフォロワーがいたそうです。

婚活中の女性で集まるオフ会を企画したら、あっという間に4~5人から参加したいと問い合わせがあり、都内のおしゃれな飲食店で婚活女子会を開催したそう。

「綺麗めで、おしゃれな子がほとんどでした。自己紹介もしないで、ずっと愚痴と男性の悪口ばっかりなんです。Twitterで確認すると多分、彼女たちの年齢は私より上のはずで、一人はプロフィールを見ると38歳なんです。あ、でも、いつのプロフィールか分からないからもっと上かも。

『婚活大変だよね』とか共感しあっていたけれど、私は彼女たちのようになる前に結婚しようって決めました」

と報告を受けました。(友人から「ぜひネタに使って」と言われております)

“婚活あるある”で共感し「自分だけじゃない」と根拠なく安心するアラフォーたち

「アラフォーになっても婚活するの?」と思う人もいるかもしれません。

確かに婚活を始める人の年齢層はアラサーぐらいが多いです。近年は、大学生ぐらいからマッチングアプリを活用している人も増え、手軽な手段が増えたので低年齢化しているのかもしれません。

一方で婚活本気度が高い結婚相談所のユーザーに限ってみると、女性は30代後半が一番多いです。ですので、昭和生まれで平成のうちに結婚しなかった人が集まっているところもあるのです。

団塊ジュニア世代の40代は、人口も20代の倍近くいるため、結婚相談所によっては20代女性会員より40代女性会員の方が多いところもあります。

婚活にどっぷりつかってしまうと、アラフォーという年齢は別に珍しくなくなってしまいがち。長年婚活している人ほど、ネットの中にある婚活体験談もよく読み、婚活に無駄に詳しくなってしまいます。

「いいなって思う男性は申し込んでも断られて、会いたいって思えない男性からしか申し込まれないって、婚活あるあるですよね」

なんて言っている人がよくいるのですが、自分の問題を一般化してしまって、その高望みしている自分を見つめ直して改善しようとも思わなくなってしまうのです。

1 2