恋愛&結婚 「高収入女性は男性に引かれるから、年収を隠した方がいい」という勘違い

「スペックが高いから」は自分が傷つかないための断り文句

収入が高くて婚活がうまくいかない女性は、外見面のお手入れが疎かになっている場合が多いです。

会社では、仕事の能力の高さを評価されていたり、高い役職に就いていたりするのかもしれません。そんな人に対して、メイクやファッションを指摘できる人はどれほどいるでしょうか。

そんな女性のご縁を断る場合、本音は「ちょっと……」だとしても、「僕にはもったいない」と言うことでしょう。

婚活事業者であっても、外見面の指摘はしにくいのです。指摘以前にそもそも入会後の活動は放置という結婚相談所も多いもの。結婚って、外見面を改善したからといって確実に結婚できるわけでもありません。

ご本人も現実を受け入れたくない場合も多いでしょう。自分と向き合うのはものすごく勇気がいることです。

高収入女性が婚活成功で必要なこと

もし、結婚相談所やマッチングアプリで婚活していて、年収を開示するのであればプロフィール欄に一言加えてほしいのです。

「人柄重視で探しており、お相手の学歴や収入は気にしません」

仮に少し気にしたとしてもこれを付け加えましょう。

よく「自分より年収が低い男性と結婚しても、うまくいかないのではないでしょうか?」とご質問をいただくことがあるのですが、別にまだプロポーズや告白をされているわけじゃないのです。誰からもアプローチされていない、まだ選べる立場でさえないのに、妄想で不安になってしまうのでしょう。

相手のスペックは告白されてから気にすればいいことですし、3回目デートぐらいまで進展しなければ、そういうシチュエーションにはなりません。

ある高収入の30代女性は、20代から変わらないお店で服を買っていましたが、全て捨てて買い替え、一人暮らしも始めました。写真やプロフィールも直して、年収も公開して婚活したところ、申し込んでくる男性のスペックが上がりました。

高収入女性が「相手のスペックは気にしません」と書いていると、人柄もよさそうに見えます。結局、彼女は自分と同じぐらいの年収の男性と結婚しました。

高収入であるこからこそ、買い物や一人暮らし開始といったことも、すぐ行動に移せます。

年収は隠さず、経済力も武器にして婚活すればいいだけなのです。

婚活で、高年収であることを隠す必要はありません。

菊乃さんのこれまでのコラムをチェックしたい方は
https://suits-woman.jp/tag/菊乃/

賢人のまとめ

年収が高いから男性が引くのではありません。経済力は武器になります。

1 2