恋愛&結婚 お金を出してまで婚活したくない……無料マッチングアプリにこだわるのは何故?

今はマッチングアプリが大ブーム。でも、彼氏はできるけれど、結婚には至らないという人もいます。一体、どうしたらいいのでしょうか。

「必死で婚活してる」って思われたくない……。

自然な出会いにこだわり20代を無駄に……

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

現在、独身アラフォーの美代さん(仮名)は、20代のころ「合コンあるけど来る?」と誘われても断っていたのだそう。いい人いるから紹介すると言われても「いやぁ、私にはもったいないですよ」と断り続けるうちに、気が付けば紹介の話はなくなっていきました。

学生時代の彼氏と別れてからずっとフリーだった美代さん。でも、ずっと彼氏は欲しかったのでした。

美代さんが行ったのは、ボクシングジムに入ること。男性と出会えると思ったからでした。合コンで出会って彼氏を作るより、出会いの場ではないジムで彼氏を作るほうが難易度が高いなんて、思いもしなかったそう。

ジムにいる男性はせっせと自分のトレーニングに集中し、たいした会話もありません。唯一の救いは、痩せたことだそうです。

自然に出会って恋愛結婚することにこだわっているうちに、美代さんは、29歳になっていました。

美代さんが特別なわけではありません。出会い探しをすることに抵抗を持ち、合コンは行かないけれど異性がいるお花見なら行くという人は大勢います。

婚活パーティーを開催している人が言うには、個別に誘うと参加する男女はたくさんいるのだとか。欲しいものを「欲しい」と言わず、「しょうがないなぁ……。そこまで誘うなら行くよ」と、しょうがなく来てやった風のリピーターが大勢いるらしいです。

無料マッチングアプリで“彼氏がいない歴”が止まる

美代さんは29歳の時に、マッチングアプリに登録。20代女性は無料で、30代女性が有料というアプリでした。

登録してすぐに男性からたくさん「いいね」が来て、何人かとマッチング。毎日メッセージを重ねた上でデートした、メーカー勤務の年収500万円年上男性からは、「こんなかわいい子に会えてラッキー」と言われたそう。

低姿勢で優しい誠実な男性だと感じた美代さん。何度か会い、大事にするから付き合ってほしいと言われて、お付き合いがスタートしたのでした。

29歳の美代さんは、その彼氏と結婚するものと思っていましたが、交際後に彼からの誘いが減り、LINEの返信も遅くなるように。LINEがブロックされ、フェードアウトされてしまいました。

「別れるにしたって最後に話し合いがしたかった。気に入らないところがあったら直すのに。次はちゃんと話し合いができる男性を探そう」

30代目前だったため、違う女性無料のマッチングアプリに登録し、美代さんは出会い探しを再開。またたくさん男性から「いいね」が届いたそうです。30歳になる焦りから、毎日いろんなメッセージのやり取りをして、無事に30歳の誕生日は新しい彼氏と過ごせました。しかし、またその彼氏の連絡も途絶えてしまい……。

1 2