恋愛&結婚 コロナ禍でどう変わった?2021年の婚活パーティー事情を突撃取材!

昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンラインでの婚活パーティーが盛り上がりを見せていました。今年の婚活パーティーはどうなっているのでしょうか?関係者に取材しました。

これからはオンラインが主流になる?それとも……?

コロナ禍前、2020年、2021年の婚活パーティーはどう変わっていった?

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

昨年、一回目の緊急事態宣言が出た頃は通常営業していれば不謹慎と言われ、9割の婚活パーティーがオンラインでの開催だった時期もありました。コロナ禍2年目の今年、東京はずっと緊急事態宣言下ですが、婚活パーティーはどうなっているのでしょうか?

婚活パーティーポータルサイト「オミカレ」を運営する、株式会社オミカレのクライアントリレーションチームリーダーの井上翔太さんを取材しました。

「コロナ禍前であれば、婚活パーティーに参加申し込みする方は若干女性の方が多かったです。
2020年の前半は、オミカレでもオンライン婚活パーティーの方が多かったです。昨年に一回目の緊急事態宣言が明け、GO TOトラベル等が始まって人々の動きが回復したころから、通常の婚活パーティーも徐々に再開したのですが、男性の申込は戻ってきたものの、女性はコロナ禍の前と比較して減りました。

昨年11月頃までは通常の婚活パーティーは徐々に申込数が増えていたのですが、感染者数が増えた12月から予約数が減りだし、年明けの1~2月も動きは悪かったです。

今年は首都圏を中心に徐々に自粛疲れも出てきたのか、女性の申込数は回復の傾向にあります。

女性参加者が増えている要因は婚活パーティー事業者様の企業努力も大きく、女性割引を設けたりしている事業者様も多いです」

2021年に人気がある婚活イベントはどんなもの?

「オンライン婚活パーティーは昨年5月をピークに減少し、昨年下半期から今に至るまで、リアルに会うオフラインの婚活パーティーの方が開催数は多いです。

コロナ禍前であれば、居酒屋のようなお酒や飲食を伴う場所を利用した街コンのようなイベントが人気も高く、そうしたイベントは20代の若い方も参加しておりました。今はそのようなイベントが開催できないため、婚活真剣度の高い方向けの、1対1で会話する形式の婚活パーティーが多い印象です。婚活パーティー参加者もコロナ禍前と比較すると、20代が減り30~40代が中心です」

オミカレで現在人気の婚活イベントを教えてもらいました。

ウォーキングコンやアウトドアコン

密を避けて屋外で開催されるアウトドア婚活イベントや、都会であれば街歩きをしながら交流するウォーキングコンが人気だそう。男女がペアになり、目的地まで歩きながら数分毎にペアを交換するというものです。恵比寿~代官山、東京駅~大手町、横浜みなとみらい、大阪城周辺など景観もキレイな街で開催されることが多く楽しめそうです。

ぽっちゃり女性とぽっちゃり女性が好きな男性限定の婚活パーティー

「包み込んでくれそう」「おおらかそう」とぽっちゃり女性の人気が高いそうです。コロナ禍の影響も少なく女性申込数も安定しているのだとか。気になる“ぽっちゃり”とはどの程度のことを言うのか質問したところ、

「身長 – 体重 = 100未満の女性と定めている事業者様が多いです。身長が158cmの女性なら体重58kg以上ですね」

とのことです。

深夜のオンライン婚活パーティー

23時ごろから開催されるオンライン婚活パーティーも、仕事が忙しい方に人気だそうです。「関東在住の人」「首都圏在住」と居住エリアが分かれている企画が多いそうです。

井上さんによると

「2020年と2021年を比較すると、緊急事態宣言が出ると人が大きく減り、解除されると戻る傾向があるのが2020年でした。2021年は緊急事態宣言の有無で申込数に昨年ほどの差はなくなってきていて、数か月後の状況を予想しにくい状況となっております」

と教えていただきました。

1 2