恋愛&結婚 「元カレのような男性が自分に合うはず」という思い込みが結婚を難しくする

「元カレと似たようなタイプが自分に合う」と思い込み、元カレに似ていて、かつ結婚願望がある男性を探して、婚活が長期化する女性がいます。過去の恋愛経験を婚活に持ち込むと失敗しやすい理由を解説しましょう。

「歴代彼氏が年下だから年下男性が合う」と思い込む40代女性

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

婚活ではどういう人が理想なのか、どういう男性が自分に合うのか、ある程度の方向性を決めて相手探しをする女性が多いです。しかし、その時点で自分に合う男性というのを、過去の恋愛経験の延長線で思い描く女性は失敗してしまいがち。

Aさん(40代)は歴代彼氏が皆、年下だったことから、「私には年下が合うと思う」と年下男性ばかり探していました。婚活は難航し、仕方がなく同年代や年上男性とも妥協して会ったそうですが、「上司にしか見えない」「おじさんにしか見えない」というのです。Aさんも実年齢より若く見えるとはいえ、婚活は年齢を偽れません。40代のAさんだって、決してもう若くはないのです。

歴代彼氏が年下だったからといって、「年下が合う」とするのは無理があります。誰とも結婚に至らなかったのですから。原因がわからなければ、軌道修正しないとうまくいくはずがありません。

「結婚願望がある元カレのような男性」はいない

Bさん(30代)は話していて楽しい男性を探していました。結婚相談所とアプリを併用して婚活を始めたものの、可もなく不可もなくの男性ばかりで興味が持てず、ただ時間が過ぎていくことに苦しくなって、私のもとにご相談に来ました。

Bさんは20代後半から付き合っていた男性から「結婚は考えてない」と言われたため、別れて婚活をスタートしたのです。元カレは営業出身で話していて楽しい男性だったそうで、ぐいぐい彼の方から押してきて交際がスタートしたのだとか。

「私はなかなか人を好きになれないから、男性の方から誘ってくれて『かわいい』とか『会いたい』とか言葉で好意を伝えてくれる人が合うと思う」と思っていたそうです。

しかしながら、特に結婚相談所はそういうぐいぐい誘ってくる男性は少ないですし、例えいたとしても、相手の男性は他のたくさんの女性とBさんを比較検討しています。

そういう男性から選ばれるように、写真やプロフィールを変えた結果、コミュニケーション力が高い男性からアプローチが来るようにはなりました。しかし、そういう男性は同時並行している女性の数も多いのです。

要するに、狙っている男性は、女慣れしていて女性を楽しませることが巧みなのです。その分、結婚に焦りはなく、まだ女性との新たな出会いを楽しみたいでしょう。

Bさんは「今まで女慣れした男性から都合よく扱われてきた」と過去の恋愛と向き合うことができました。Bさんは一度もお付き合い経験がない同年代の男性と結婚することになったのです。

「今までの私なら中身を見ずに『この人の隣を歩くのはちょっと……』と思ったかもしれませんが、いろいろ失敗してきた結果、今はとっても思いやりがあって素敵な男性だということに気づけました」

とおっしゃっていました。

1 2