恋愛&結婚 男と女では「選ぶ婚活方法」が違うから、独身男女はすれ違う

結婚相談所は女性会員が多い

女性が多い婚活サービスは結婚相談所です。結婚相談所パートナーエージェントが公開しているデータだと、会員全体のうち女性55%、男性45%です。

結婚相談所は最も高額な婚活方法ですが、独身証明書、年収証明書、学歴証明書を提出したうえで登録するので、遊び目的で登録している男性に遭遇しません。

女性にしてみたら、結婚を考えている時期に結婚につながらない恋愛は大きな失敗です。こういう安全性は女性にはうれしいポイントでしょう。

しかし女性との出会いにそんなに警戒心を抱かない男性からすれば、もっとリーズナブルな婚活方法があるので、結婚相談所はあまり選択しないのです。

地域差も多く、東海地方は男性会員の方が多いそうですが、東北、関西、九州などは、女性の割合が全国平均よりだいぶ多いようです。

マッチングアプリや婚活パーティーなどのリーズナブルな婚活を経験したけれど、結婚に至らず結婚相談所に入会するという人も増えています。いろいろやって最後の砦と年齢を重ねてから登録する方も多いのですが、結婚相談所は年齢が一番の武器にもなるので、男女とも若いうちに登録する方が有利です。

なお最近は都道府県が運営する結婚相談所も増えています。出会いサポートセンターという名称のところが多いようです。どこも2年間で1~2万円など、民間の結婚相談所と比較すると激安で、独身市民ならば誰でも登録できます。

こういった官製結婚相談所は、男性会員の方が多いです。

男女比を意識してみましょう

婚活するのであれば、少し男女比も気にして、色々なサービスを活用してほしいと思います。

女性ならば婚活パーティー、官製結婚相談所も併用して使ってみてはいかがでしょうか。男性ならば、マッチングアプリに課金するより、民間の結婚相談所に入会した方が、早く結婚できる確率が上がるのです。

特にメッセージのやり取りが苦手な方ほど結婚相談所が向いています。結婚相談所はお互いのプロフィールを見て、「会ってもいいな」と双方が思えばすぐ日程調整に進みます。

「女友達もみんな利用していているから」と、安心して利用している婚活方法がもしかしたら結婚に遠い方法かもしれません。女友達が使っていることより、男性がいることをもう少し気にしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
コロナ禍でどう変わった?2021年の婚活パーティー事情を突撃取材!

賢人のまとめ

婚活サービス利用する際は男女比も気にしましょう。

1 2