恋愛&結婚 婚活女性の“こじらせ思考”「この年齢まで独身、何かあるって思われないか不安」

マッチングアプリや結婚相談所の自己紹介文を見ていると、必死で独身である理由を説明している文が目につきます。それを読んでも相手は会いたいと思わないのに…。

婚活しているのに、ずっと独身だなんて、何か理由があると思われない?

起こってほしくないことを避けることに一生懸命になる“こじらせアラフォー”

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

マッチングアプリや結婚相談所で婚活をしているけれどもうまくいかない…。そのような人の自己紹介文を見ると、書かなきゃいいことを盛り込む人が多いよう。特に30代半ば以降の人に多く見られます。

ある30代後半のAさんは「女性だらけの職場で出会いがなくて登録しました」と、出会いがない理由をはじめに書いていました。

事情をうかがうと「この年齢で結婚しないって、何かあるって思われそうじゃないですか」とのこと。

彼女に限らずですが、結婚したいと思いつつこじらせる人は、実現したい未来に向けて行動するより、起こってほしくないことを避けることに注力する傾向があるのです。

女性だけではありません。男性も「結婚を考えていた人と別れて登録しました」や、40代で「ようやく仕事が落ち着いてきて」と書いている人がいます。すべて婚活のプラスにはならないから書くべきではないのですが、相手がどう思うかより、自分目線で安心することを書いてしまうのです。

「なんで結婚しなかったんだろう」と気にし始めるのは、異性として興味を持ってから

Aさんは、プロフィールを直す際も、すんなりこの言い訳を削除できるわけではありませんでした。

「でも、私だって、40代で一度も結婚していない外見も悪くない男性と出会ったら、なんかあるのかなって思いますし、結婚願望があるのにずっと独身だった納得できる理由がある方が安心して会えませんか?」

「そうですよね。なんでこんな素敵な人が未婚なの?って思うこともありますよね。まずそこって、Aさんがその男性の写真を見て、興味を持ったから、次に婚歴とか独身でいた理由が気になったんですよね。

だから、まずは、Aさんが女性として興味を持たれるようにするのが先なんですよ。逆にあまり興味を持てないような写真の男性がいて、さらに自己紹介文に独身の理由が説明されていたら、そもそも会いたいって思うでしょうか?」

「思わないです。まずは写真取り直せばいいのになって思います」

「そうですよね。Aさんも同じことです。結婚しなかった理由をしっかり書く前に、相手に興味を持ってもらえるように外見を整えること大切です」

「なんで結婚しなかったんだろうと思われないか」という心配は、会ってみたいという仕掛けができてからすればいい心配なのです。

1 2