恋愛&結婚 30代で「婚活より恋愛できて真面目に付き合える彼氏がほしい」はアリ?

「真面目に付き合えるパートナーがほしいけれど、婚活じゃなくて恋愛がしたい」30代になると、そういう出会い方は減っていきます。

結婚相手ではなくて、真面目に付き合える彼氏がほしい!

若ければ結婚を気にせず恋愛できるけれど…

初めまして。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

真面目に長期間付き合えるパートナーがほしい。でも、結婚というより恋人がほしい。そういう人もいらっしゃるでしょう。

20代半ばぐらいならば、結婚は考えず、ただ恋愛の相手としての相手を探しやすいです。

30代になったころから、「結婚というより彼氏がほしい」という願いを叶えにくくなります。婚活目的でない、軽いユーザーが多いマッチングアプリはあります。しかし、婚活目的ではないけれど、真面目に付き合える人と出会える方法は少なくなるのです。

30代向けの出会いサポートは、ほぼ「婚活」になります。

私は結婚相談所を運営しているわけではないので、「結婚したいってほどではないけれど、彼氏がほしい」という人からのご相談もよくうけます。

遊びたいわけじゃない、真面目に付き合える相手がほしいけれども、「婚活」というものに抵抗がある場合の対策をお伝えします。

恋愛経験がないから「結婚」へのハードルが高く感じる

婚活に抵抗がある人は、恋愛経験が乏しいタイプと、恋愛経験があるタイプの2つに分かれます。

「彼氏がいたことがない」とか「学生時代に数か月付き合った彼氏がいただけ」という人の場合、よくよくお話を聞くと、結婚したくないというより「ちゃんとお付き合いさえしたことがないのに、結婚なんてハードルが高い」と考えている人が多い印象を受けます。

完璧主義で、0か100か極端に受け取りがちな人も多く、「結婚したいってほどじゃないのに、結婚相談所を利用したら迷惑がかかるかなと思った」と言っている人もいました。

人の気持ちなんて揺らぐもの。1%でも結婚したい理想があるなら「婚活」と名の付くサービスを利用したっていいのです。試しに使ってみて、いろんな人に会ってみればいいのですが、完璧主義の人はこの「試しに会う」というのが難しいのです。

これまで恋愛経験がないのならば、男性と会うには、たいそうな大義名分が自分に対して必要になってきてしまう…。こうして、先延ばしにして年齢を重ね、さらに恋愛も婚活も難しくしてしまうのです。

結婚という大きな目標ではなく、「男性と2人で食事に行ける自分になる」というのを中間目標にして、婚活サービスを使ってみてはどうでしょうか。

やってみればわかると思いますが、なかなか2回3回と続けて会える男性には巡り合わないもの。当たり前ですが、向こうだって選んでいるのです。

1 2