恋愛&結婚 「実年齢より若く見られます」は婚活市場ではアピールポイントにならない

婚活をしていると、少々条件がよくても、関わらない方がいいという人達と出会います。プロフィールに、もしこんな一文が書いてあったら注意が必要かもしれません。

プロフィールで分かる「関わらない方が無難な人達」

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

マッチングアプリを使って恋人を探す人が増えました。多くの人の中から、どういう決め手で選んだらいいのか迷う人も多いでしょう。

プロフィールでわかる「あまり関わらない方が無難」という人をご紹介します。

例えば、プロフィール写真が旅先のスナップ写真という人は、おそらく2年以上前の写真なので、会ったらだいぶ顔が違う…という可能性は高いでしょう。

次に「写真がない人お断り」「会う気がない人お断り」「勧誘お断り」とNG条件ばかり挙げている人です。お会いしても、「〇〇してくれなかった」「〇〇してくれない人だった」と、与えてもらうことが当たり前になっているでしょう。

30代以上の人が注意したいのが、「実年齢を言うと驚かれます」「若く見られることが多いです」「10歳年下に見られます」と若く見えることをアピールしている人達です。

ご本人の実年齢はほとんどアラフォー以上で、若くはありません。若く見られるアピールがなぜいけないのかを解説します。

「若く見えることは婚活のプラスになる」という思い込み

若く見えることをアピールポイントと思っている人の中にも、いくつか種類があります。アンチエイジングに力を入れている美意識が高いタイプ、幼く見えるいつまでも女子気分でいるタイプ、お世辞を真に受けているだけの人です。

自分を客観視できていない幼さは、みんな共通します。

自己紹介文に書くくらいなので、「若く見えるのは良いこと」と思い込んでいるのでしょう。

たまたま何かのイベントで知り合って、おそらく同い年ぐらいと思って親しくなった相手が、自分よりずっと年上で、結果的に交際に発展するということはあるかもしれません。

しかし、あまりマッチングアプリでは若く見えることはプラスにはなりません。

写真の下に年齢ははっきり出ています。35歳以下という条件で検索する人の画面に、実年齢より若く見える37歳は表示されません。

相手は実年齢を知っているのです。

結婚相手は生活する相手です。子どもがほしいと考えている35歳男性ならば、29歳に見える39歳より、本当に若い20代後半から30代前半女性を探すことが多いでしょう。好きになったら年齢は気にしないという人も、アプリでは会う前に年齢が分かるのですから、最初に年齢で選択します。

1 2