恋愛&結婚 結婚相談所が高いのはなぜ?リーズナブルな結婚相談所との違いはどこにあるのか【前編】

「なぜ結婚相談所ってあんなに高いの?」と不思議に思う人も多いのではないでしょうか。独身であることの証明書の提出が必要なため、既婚者が紛れていないという安全性があることは分かるものの、月額0~4000円ぐらいのマッチングアプリと比べたら、価格が2~3桁違います。

結婚相談所の一体どこにコスト・労力がかかっているのでしょうか。また、安い結婚相談所はサービスの質を保ちながら、なぜリーズナブルにできるのか、価格の違いはどこに現れるのかを調べました。

一口に「結婚相談所」といっても、いろいろあって迷っちゃいますよね。

「結婚相談所とマッチングアプリはサポートの質が違う」とは言うけれど、その質って何?

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

マッチングアプリと比べたら、結婚相談所はかなり高額です。各種証明書を提出しているので身元が分かる安全性があるとはいえ、会員数もアプリより少ないのになぜあんなに高いのか、どこに手間とコストがかかっているのか調査することにしました。

今回、匿名で取材に応じてくれたのは、首都圏でIBJ加盟の結婚相談所を運営するAさん。Aさんはアラフォー女性で、仲人の中では若い方です。ご自身も婚活経験があり、マッチングアプリや街コンなども利用していたことから、結婚相談所を妄信しすぎていないため、今回取材させていただくことにしました。

Aさんが運営する結婚相談所の料金は、よくある価格帯です。

  • 入会金:10万円
  • 月会費:1万円 
  • お見合料:0円
  • 成婚料:20万円

結婚相談所開業コストや原価を聞いてみた

AさんがIBJに加盟して開業したのは数年前。当時加盟金は80万円ほどだったそうです。現在は個人の新規開業加盟料は160万円、法人の場合300万円ほどに値上がりしています。

会員が1名入会して、手続きをして会員IDを発行すると、連盟に2,200円払います。加えて、会員1名につき月額550円のシステム使用料を連盟に納めるそうです。お見合料、成婚料は全額結婚相談所の売り上げになるのだそう。

お見合い申し込み人数のシステム上限は月最大200名ですが、多くの結婚相談所は20人ぐらいの設定です。上限に達してもお見合いが組めない場合、別途料金で追加申し込み枠を買えるようにしている相談所もあります。

結婚相談所のシステムでは、その会員の課題も分かるようになっています。仲人側画面では、お見合い申込お断りの理由、お見合い後のお断りの理由もグラフで確認することが可能です。誰が自社会員を「お気に入り」に登録しているかもすべてわかるのだとか。

IBJ以外にも、いろいろな結婚相談所連盟があり、加盟料やシステムは様々。最も開業時の料金が高いのがIBJで、他の連盟は100万円未満のところも多いです。

ここまでだけ読むと「なんで入会時に10万も?ぼろ儲けじゃん」と印象を持たれる読者もいるでしょう。手間・労力がどこにかかっているのか、仲人Aさんに聞いてみました。

結婚相談所入会から成婚までの主なサポート内容

結婚相談所のコスト・労力はどこにかかっている?(筆者作成)

IBJのプロフィールは自己紹介文のほか、担当者PRなど第三者視点での紹介文も書けます。「上場企業勤務で安定しています」「スタイルがいいです」といったことを自分で言えば自慢っぽくて印象は良くないですが、第三者からの紹介であればアピールポイントになるのです。

「この人は、あなたを“お気に入り”にしているから、申し込みをすれば会えると思いますよ」と助言したり、お見合い後に仲人が相手の仲人に「うちの会員がすごく気に入って、ぜひまた会いたいと言っています」と後押ししたりすることもできるのが、マッチングアプリと大きく異なる点です。

デートでお断りされた相手でも、仲人が介入することで、もう一回会ってもらえるチャンスが生まれ、結婚に至るカップルもいます。「会いたい」「会いたくない」の回答の後ろにある感情も仲人が代弁してくれるのです。

ただし、サポート内容の中でも、異性から会ってみたいと思われることが少ない会員の場合、図にある3以降のサポートを受ける機会は少ないでしょう。

人気がない会員にかけている労力は評価されにくい

私も婚活業界にいるので分かるのですが、独身の多くが「出会いがないから結婚できない」と環境のせいにしていて、自分の魅力を磨く必要性に気が付いていないことが多いです。

服装、髪型全てにあまり手をかけておらず、写真だけでは選ばれない可能性が高い人が結婚相談所に入会したとします。仲人Aさんは、洋服買い物同行や写真撮影同行も行っているそうですが、「自分でできるから」と拒む会員も多いのだとか。

ある男性会員に眼鏡の買い替えを提案し、眼鏡チェーン店の商品の中から彼に合いそうな品番を見繕いリストを作って渡したところ、提案したものではなく、同じ品番だけど、その方に合うとはいえない色の眼鏡を購入してしまったことがあったそうです。その眼鏡をかけて写真撮影しても、たいして申し込みは来ず、彼が申し込みをしてもほとんど断られたのだとか。

労力はかけていますし、会員自身も努力したつもりですが、成果にはつながらない…。Aさんは他の結婚相談所にも連絡して、彼に会ってくれそうな女性がいないか問い合わせをしていますが、女性側も写真をみて断ることが多いそうです。これでは手厚いサポートを受けていると会員側は感じにくいかもしれません。

一方で人気がある会員は、登録と同時に3桁近い申し込みが殺到するので、仲人が相手を探す手間もなく結婚相談所を卒業していくこともあるそう。

逆に写真だけが良すぎて、会ったら別人だったため、2回目デートに繋がらない会員への助言も神経を使うといいます。結婚相談所の会員管理システムでは断られた理由もグラフで表示されるため、改善ポイントは明確です。

会員管理システムのイメージ。断られた理由が一目瞭然。

傷つけないように言葉を選びながら「実物とギャップがあるから、写真を変えませんか?」と提案しても、スムーズに撮りなおしに応じてくれないことも多々あるのだそう。

仲人Aさんは、成婚のためにも、タイミングをみてまた伝えてみるとおしゃっていました。

1 2