恋愛&結婚 結婚相談所が高いのはなぜ?リーズナブルな結婚相談所との違いはどこにあるのか【後編】

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

「なぜ結婚相談所ってあんなに高いの?」と不思議に思う人も多いのではないでしょうか。結婚相談所の一体どこにコスト・労力がかかっているのでしょう。また、安い結婚相談所はサービスの質を保ちながらなぜリーズナブルにできるのか、値段の違いはどこに現れるのか調べました。【前編】はコチラ。

何をポイントに結婚相談所を選べばいいの?

マッチングアプリPairsのノウハウが搭載されたペアーズエンゲージ

マッチングアプリPairsのAIマッチングが搭載されたペアーズエンゲージ

マッチングアプリPairsから2019年にリリースされた、オンラインで始められる結婚相談所Pairsエンゲージもリーズナブルなサービスです。入会費12,000円、月会費12,000円、成婚料、お見合料はありません。また、高い結婚相談所によくある高額な初期費用もありません。

リーズナブルな理由をPairsエンゲージコンシェルジュの大道枝里さんにお聞きしたところ、7つの理由を教えていただきました。

1.入会前の説明会や面談を効率化。リーズナブルなので相談会に参加せず入会する人も多いそう。事前に話を聞きたい方のためにオンラインの無料説明会を毎月開催。また、説明会に参加しても入会するか悩む方に対しては、個別の相談も行っている。

2.プロフィールの自己紹介文は会員が自分で作成するため、入会後面談は希望者のみ。登録時に価値観などが分かる「婚活アンケート」に回答し、その結果をもとに、コンシェルジュ面談ではプロフィールの改善提案等を行っている。事前の婚活アンケートで、人となりがある程度見えるので、いちから価値観や趣味など時間をかけてヒアリングして聞き出す必要がない。

3.入会手続きや相談はオンラインで行えるため、通常の店舗型と比べて固定費が減らせる。

4.お見合い(ペアーズエンゲージでは「ファーストコンタクト」と呼ぶ)日程調整は、アプリ内で会員が操作して設定できるため、日程調整の手間を削減。

5.お見合いの7~9割がオンラインのビデオ通話のため、結婚相談所側がお店探しをする手間がない。ペアーズエンゲージは、待ち合わせ1時間前から会員同士でメッセージのやり取りが可能になるので、会員同士で対応してもらう。

6.コンシェルジュの多くが婚活業界出身者で経験が豊富、即戦力があるため、一からの教育コストが削減できる。

7.紹介はデータマッチングでPairsエンゲージからおすすめするため、人間が介入しない。登録時に自分で思っている自分の性格を選択して登録。相手の希望条件や性格などから総合的に判断して、紹介してくれる。

※ペアーズエンゲージではお見合いを「ファーストコンタクト」と呼ぶそうですが、この記事ではすべて「お見合い」で統一しています。

大道さんも仲人型結婚相談所出身。仲人型結婚相談所会員と比較して、ユーザーのタイプは違うのかも質問してみました。

「相談内容が若干異なるように感じます。以前勤めていた仲人型結婚相談所は、会うか断るか迷うといったご相談もありましたが、ペアーズエンゲージの会員様は自分で決断される方 が多く、紹介の回答などの相談が少ない傾向です。

Pairsエンゲージの成婚退会までの期間は平均4ヶ月(※)と短期間なので、自分でどんどん進んでいく男性会員様も多いです。一方でお相手の方の気持ちもありますので、『女性の方の気持ちが高まっていないのでもう少し待ちましょう』というアドバイスをさせていただく機会は多いかもしれません」
※ 2021年1月調べ。母数は、2021年1月時点直近100組の成婚退会者

とのことでした。こちらもコンシェルジュは専任制なので、毎回同じ人に相談ができます。

高い結婚相談所とリーズナブル結婚相談所の違いを比較

Aさんの仲人型結婚相談所、オンライン結婚相談所のnaco-doとペアーズエンゲージを比較してみます。

各サービスを比較。(筆者作成)
サポートの違いを比較。(筆者作成)

高い結婚相談所がさまざまな手間をかけているのは分かりました。続いて、料金体系の違いやお見合い場所がホテルなのはなぜなのか、もう少し深く調べてみることにします。

1 2