恋愛&結婚 若者の恋愛テクを鵜呑みにする30代~40代の婚活女性たち

近年、SNSでは、恋愛ノウハウがたくさん投稿されています。30~40代で婚活している人の中にも、そういう恋愛ノウハウを見ている人がいると思いますが、今の年齢に合わない内容もあるのです。

婚活成功のためのノウハウ、ついつい読み込んでしまう人も。

モテ服の多くは、27歳ぐらいまでが対象

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

マッチングアプリ、街コン、結婚相談所といった出会うためのサービスを一番利用しているのは、30代の人たち。特に、結婚相談所のような婚活本気度が高いサービスになると、女性で一番多いのは30代後半です。

30代半ば以降で、私のもとにご相談にいらっしゃる方も多いのですが、ヒラヒラとした花柄フレアスカートや、パステルカラーの服を着ていることが多いです。

モテる服・婚活の制服と紹介されることもある某ブランドがあるのですが、27歳ぐらいまでの人が着ればものすごく可愛らしいと思うのですが、35歳前後の人が着ると、ちょっと違う…と感じられることが少なくありません。

男ウケがいい服であることには間違いないとは思うのですが、「男ウケがいい服」とはそもそも20代向けのデザインで、30代半ば以降の女性が着れば、ただの若作りとなってしまいます。でも、そんなことは誰も指摘しません。

パステルカラーのワンピースを着ていた幼いおばさん風の写真で婚活していた人が、ネイビーのタイトなワンピースの写真に変えたところ、申込が激増したこともありました。

年齢相応の上品さや包容力、知性があるように見せた方がずっと素敵なのですが、若く見せることにしがみついてしまう残念なアラフォー女性は多いです。

「女性は男性から追いかけられる方が幸せになれる説」はモテる女の自慢話

服に限らず、巷に溢れる恋愛ノウハウは、10~20代向けのことが多いかもしれません。

「女性は男性から追いかけられる恋の方が幸せになれる」「女性は男性から選ばれた方が幸せになれる」といった恋愛ノウハウがあります。

1990年代に出版された、エレン・ファイン氏の『ルールズ―理想の男性と結婚するための35の法則』という世界的ベストセラーの恋愛指南本もこのような内容でした。間違いとは思いませんが、「言い寄ってくる男性もいるけれど、他に気になっている男性もいる」という、すでにそれなりモテる女性だから有効なノウハウとなっています。

告白もされないし、言い寄ってくる男性もいないような、令和の世を生きる30歳以上の婚活中の独身女性には役に立たないノウハウです。

外見を磨くなど、追いかけられる女性になるための努力をするのは婚活でも有効です。しかし、独身のいい男性はどんどん減りますし、自分の年齢も高くなりますので、女磨きも効果が出にくくなってきます。例えば、ダイエットだって、若い頃より年齢を重ねると痩せにくくなったりします。

それなら、追いかけられるのを待っているのではなく、自分から行くしかありません。

しかし、「ガツガツしていると軽く扱われる」と思い込んでいる女性が、非常に多いのです。自分から申込む、食事に誘ってみる、このぐらいはやってみましょう。

男性も女性も年齢が高くなるにつれ、傷つくことを避ける傾向にあります。断られることに臆病になるのです。初デートに誘ってくれたのだから、告白しても断わられないだろう。そんな女性なら、安心して告白してくれるかもしれません。

「追いかけられる女」は、自分とは全く別のタイプの女性の自慢話と思って、今のご自分でやれることをやりましょう。

1 2