恋愛&結婚 アラフォー婚活女性が分かっていない、会って「嫌」じゃない同年代男性の貴重さ

婚活は、年齢が上がるほど大変になっていきます。逃さない方がいいであろう、いい男性とのご縁があっても、その男性の貴重さが分からず、ご縁を見送ってしまう、決断できない女性も多いです。

「嫌ではないけれど、何だかピンとこない…」その出会いは実は貴重です!

「会いたいと思える男性がいない」30代婚活女性の悩み

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

30代で婚活を始めた人からは、「会いたいと思える男性がいない」「会いたいと思える男性から申し込みが来ない」という不満をよく聞きます。

マッチングアプリで、清潔感がある同年代男性からは申し込みが来て会えても、2回目3回目に続かずフェードアウトされることもあるでしょう。

結婚相談所で婚活している女性ならば、胴回りにちょっとお肉が付いた同年代男性や、真顔で棒立ちの会っても楽しそうに感じない男性などから申し込みがきて、「会いたいな」という気持ちが動かないのに、時間だけが過ぎていくことへの焦りを感じているかもしれません。

イケメンを希望しているわけではないにせよ、普通の容姿の男性と思っていても、あなたが「普通」と思っている男性は、婚活市場では普通以上なのです。

共学の中学校にいた人なら、思い出してほしいのですが、クラスメイトの男性で今でも思い出せる人は何人いますか?

過半数の男性は、名前も顔も思い出せないのではないでしょうか。普通の男性は記憶に残らないし、居ても存在感が薄くて認識されにくいのです。あなたが「男性」と認識するだけで、すでにハイレベルな男性なのだと思っておいてください。

清潔感があまりなかったり、印象に残らなさそうな男性と思っても、一人一人をもう少し興味を持って観察してみましょう。服のサイズが合っていなくてスーツがブカブカ…みたいな男性は、お付き合い後に一緒に買い物に行きコーディネイトすれば、変わるかもしれないのです。外見については、磨いて光る可能性を見た方がよいでしょう。

婚活では、NG条件がない「普通の男性」に3桁の申し込みが殺到する

完成された清潔感がある独身男性は人気があるのです。結婚相談所を運営している知人から、申し込み500件超えの人気男性会員(30代半ば)を紹介してもらったことがあります。

誰もが知る上場企業勤務ですが、大学はそれほど有名なところではなく、年収は600~800万円ぐらい。結婚相談所では笑顔のさわやかな写真を使っていらっしゃいましたが、誰もが振り向くイケメンというわけではないです。

申し込み1000件超えの男性もお会いしたことがありますが、彼は30代半ばで年収1000万円超えでした。ニコニコして表情が豊かで、笑顔の写真を使っていました。ただし、別にイケメンではありません。

こうしたNG条件がない30代男性に、「私もいけるかも」「会ってもいいかも」と申し込みが殺到するのです。

女性は、彼らを「普通の男性」と思って申し込みしているかもしれませんが、その「普通の男性」は選べる立場の人気会員なのです。

外見が好みでない、デートがチェーン店で女慣れしていなさそうな男性とご縁があっても、「会うのは楽しみじゃないけれど会ってやった」と“会ってやった感”を出して接していては、向こうから失礼な女性と思われかねません。

1 2