恋愛&結婚 2022年にビデオ通話が使えない相手…婚活で進むべき?ナシ?

新しい生活様式が徐々に日常になってきました。婚活をしていると、感染者が多い時期に対面ではなくオンラインで話したいといと言う方もいれば、やっぱり対面で会いたいという方もいます。

オンライン婚活が一大ブームだったのは202045

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

緊急事態宣言が初めて出た2020年4月5月頃は、対面で会うことを希望するのが不謹慎のような雰囲気もありました。婚活パーティーを開催していれば批判され、オンライン婚活パーティーがブームだったのです。

しかし、2020年の秋ごろから徐々に、感染対策をしながらの対面の婚活パーティーが増えました。2021年の婚活パーティーもオンラインより、対面の婚活パーティーが中心のようです。

知り合いの結婚相談所に聞いたところ、2021年の緊急事態宣言中のオンラインお見合いの割合は2~3割程度のようです。振り返ると、オンラインの出会いの方が多かったというのは、2020年春から初夏にかけての時期だけということがわかります。

オンラインお見合いは目新しいため、メディアにも取り上げられ注目されましたが、現在はオンラインの出会いが多数派という訳ではありません。

2021年に婚活を始めた人はオンライン婚活未経験者も多い

2020年はZoomの練習会がたくさん開催されました。オンラインお見合い練習会もたくさん開催されていたのです。

とはいえ、1年たったら対面の出会いの方がメインになりました。2021年から婚活スタートした方は、オンラインを使っていない人も多いのです。

仕事でビデオ通話を使う機会が多い人は慣れているので、相手が希望すれば問題なくオンラインで話せます。ビデオ通話が当たり前のように使える方もいれば、使ったことがないため苦手なまま婚活している人が混在しているのです。

2021年は、婚活のためにビデオ通話をマスターしようという方もあまり多くないのではないでしょうか。

とはいえ、個人的には使えるようになっておいた方がいいと思います。そこで、出会いの機会を潰すのはもったいないのです。

オンラインお見合いも、出会いの主な選択肢のひとつになりました。
1 2