恋愛&結婚 軽く扱われていることに気づかない…男を見る目ゼロのマッチングアプリ沼の女たち

マッチングアプリで結婚はできない恋を繰り返す女性がいます。軽い扱いをされているのを見落とし、毎回残念な恋をしてしまう女性が気を付けるポイントをお伝えします。

大事にされない恋愛を繰り返すダメンズ

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

モテないわけではなく、過去に数人彼氏がいたけれど、みんなから大事に扱われてこなかった…。そんな女性もいらっしゃいます。

私は婚活コンサルをしていますが、個人的な得意不得意だと恋愛経験がない女性のお手伝いの方が簡単です。恋愛経験がない女性は行動に慎重で、なかなか動かないのですが、やる前に何度も確認・質問してくれます。

一方で、恋愛経験がある方は、行動に慎重さがあまりないことも多く、どんどん相手との距離を縮めてしまうのです。

例えば、アプリを使ってマッチングした初日に「なんて呼べばいいの?」とため口で聞いてくる相手に警戒心を持たず、そういうものかなと思って答えてしまうことが多いようです。

行動した後で、ホテルに行っちゃったような事実を無かったことにはできないし、ため口でメッセージのやり取りするようになった相手と、敬語に戻し距離を保った関係にすることもできません。

マッチングアプリは今や婚活のメインの出会い方です。マッチングアプリが悪いものではないけれど、男を見る目がなく隙がありすぎる方は、ここで短命の恋を繰り返してしまうのです。

今回は、マッチングアプリ内で雑に扱われている事例をお伝えします。

マッチングアプリで最初からため口の男性は、関わるのをやめた方がいい

マッチングアプリで婚活女性が避けたいのが、結婚や真面目な交際を目的としていない男性と出会うことでしょう。実際に、体目的の男性はいます。

末長い付き合いではなく多くの女性と出会うことが目的であるため、彼らは距離感をいきなり縮めてくることが多いようです。参考記事「現役ナンパコンサルに取材!マッチングアプリに潜む“ヤリモク”の特徴とは

会う前からため口の男性とは関わるのをやめた方がいいでしょう。とはいえ、どこからが馴れ馴れしいのか線引きは難しいもの。

マッチングして1通目に、「よろしくね」と送られてきたら、その程度はため口とは思わないのではないでしょうか。

1通目は女性の方から「はじめまして。A県北部に住んでいるSです。どうぞよろしくお願いいたします。お住まいはどちらですか?」と敬語でメッセージを送ってみてはいかがでしょうか。

こちらが敬語なのに敬語で返してこない相手は関わらない方がよいと言えます。マッチングアプリは都道府県レベルでしか住んでいるエリアが分かりません。1通目で居住地を質問すると、会える距離に住んでいる相手なのどうかもわかるので、おすすめです。

また、自己紹介文もフランクすぎたり、隙が多いように感じる情報が盛り込まれていると、ため口でメッセージを送ってくる人が増えます。

1 2