恋愛&結婚 占いやおみくじの結果に左右されすぎて、結婚のチャンスを逃す独身者たち

結婚は相手がいることなので、自分ひとりの気持ちでどうにかなることではありません。そんなことだからこそ、占いやおみくじ、願掛けに頼りすぎてしまう方がいます。でも、占いにのめり込みすぎる結果、チャンスを逃す残念な方もいるのです。

占いで「31歳で結婚」と言われて何もしないまま31歳になった

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

婚活実態調査2020(ブライダル総研調べ)によると、いつか結婚したいと思っている独身者の中で、マッチングアプリや婚活パーティー、相席居酒屋、結婚相談所など婚活サービスの利用経験がある人は、25.5%。まだ4人中1人程度です。

いつか結婚したいという思いと、婚活をするという決意や行動の間には大きな隔たりがあります。結婚したいと願って待つだけの人たちはどんな過ごし方をしているのでしょうか。

私のもとには、婚活サービス利用経験がない方がご相談によく来ます。例えば、32歳で相談にいらっしゃったAさん。一度も交際経験がないそうです。若いころに「あなたは男女関係は奥手な方で、婚期は遅めで31歳で結婚する」と言われたのだそう。

20代の頃は「自分の婚期は31歳」と思って、その頃になったら何か出会いがあるだろうと思っていたのだそうですが、30歳になるころに新型コロナ感染症が広まり、自然な出会いがなくなったころ31歳になりました。結婚するといわれた年齢を過ぎてしまったのです。

国立社会保障・人口問題研究所の第15回出生動向基本調査によると、恋愛結婚する人たちの2015年の交際期間平均は4.59年です。婚活のように結婚目的で出会って交際期間を短くスピード婚する人たちだって、順調で出会ってから入籍までは6~12か月ぐらいだ。31歳で入籍するなら交際スタートは逆算して27~30歳頃でしょうか。

天中殺、大殺界だから今年は行動しないという選択

この恋愛結婚部分のエピソードだけ聞くと、Aさんに対し無計画で流されやすい女性という印象を持たれるかもしれませんが、有名な大学を卒業、メガバンク系列企業勤務というスペックは高い方です。

東証一部上場しているメーカー勤務のBさんも、彼氏がほしいと思いながら、占い、縁結び神社に行き、祈って願って20代が終わったといいます。何かした方がいいかなと思っていた時、その年は天中殺だから過ぎるのを待っていたのだそう。

ご相談にいらっしゃった頃はアラフォーでした。手首にはパワーストーンブレスレットが。

「動くのに適さないから動かなかった」と言い訳をするのですが、婚活は相手不在だったとしてもできる努力はあります。メイクや服装を整えるとか、コミュニケーション力を磨くとか。そういったこともまったくしないまま、結婚運が高まる時期まで待って年齢を重ねた経験値の低い大人が、サクッと結婚できるほど現実は甘くありません。

占いや神社巡りのほか、引き寄せの法則やスピリチュアルに依存しすぎる人は、内面や運気を高めようと一生懸命だったかもしれませんが、外見が手抜きになっている場合も多い印象があります。パワーストーンブレスレットをつけたBさんも、服はサイズが合っていませんでしたし、メイクも服も10年前から同じままだそうです。そんな状態で、美人や若い女性とも比較検討される婚活市場に参入しても難しいのです。

1 2