恋愛&結婚 【20代で知りたかった30代の正解】真面目過ぎる元いい子ほど、結婚できない原因探しをしているから結婚できない

調べて完璧な方法を探して、何もしないで数年が経過

ご相談に来られる真面目な女性は、調べて頭で納得してからではないと動けない方が多いのが特徴です。残念なことに、ほとんどの方は30代半ば以上の年齢になっています。グルグル悩んで決めないで、1年2年経ったなんて方はよくあることでした。

「婚活パーティーは行っても、若い子ばかり人気があると聞きました。私が行っても相手にされないと思って……。婚活アプリは、既婚者がいるケースもあるって聞いたことあるし、危ない事件もありますよね。結婚相談所も実際に会員同士で知り合って入籍するのは10%ぐらいだと読んだことがあるから、入会してもうまくいかないかなと思って」

「今って結婚は必須じゃないし、結婚すれば幸せになれるわけじゃないですよね。でも、ずっと独りは不安です」

どんな婚活方法、どの生き方だってメリットとデメリットはあるのです。安心・安全が保障された出会いも結婚もあり得ません。調べてそのデメリットばかり見て、情報収集したことを行動しない言い訳にするのです。

進学先選び、就職先選びなら「この学校なら間違いない」「この会社なら安定しているからいい」というのはあるかもしれません。しかし、親が「いい」「間違がない」というだけで選んでしまって、結果そのいい学校、いい会社が合わない人もいたでしょう。

いい方法かどうか、自分に合うかどうかも試してみないと分かりません。

ずっとお付き合いをしたことがない女性がご相談に来て、「友達に相談すると、試しに付き合えばいいのにとしか言われない」と言っていました。お友達のアドバイスはごもっとも。

完璧な方法を探して完全に納得しないと試せないという方は、まずは自分は「試すのが苦手なタイプ」だと自覚しましょう。

周りのお友達や出会う方に、「私は気軽に試すってすごく苦手な方で、決めるまで時間がかかるの」「優柔不断で決めるまで時間がかかる方だから、待って欲しい」と一言伝えてご自分の取扱い方を伝えておくだけでも、だいぶ印象は違いますよ。

×「どうして結婚できないのかな?」→〇「結婚するにはどうしたらいいのかな?」

「どうして結婚できないのかな?」と考えても、「年だから」「可愛くないから」「モテないから」「女子高出身だから」とどんどん卑屈になるでしょう。

「どうして結婚できないのかな?」と、結婚できない原因探しをしているから結婚できないのです。

「結婚するにはどうしたらいいのかな?」と考えれば、「メイクを変えてみよう」「紹介をお願いしてみよう」「婚活アプリに登録してみよう」と行動できそうなことを思いつくでしょう。

「どうして●●できないのかな?」と考えるのは自分を責め、迷走していきます。だから、「どうやったら●●できるかな?」と考えるようにしましょう。

真面目は悪いことではない。しかし何事もほどほどにをお忘れなく!

賢人のまとめ

考え方を変えてみよう。 ×「私は結婚できますか?」→〇「結婚したいけどどうしたらいいですか?」 ×「どうして結婚できないんだろう?」→〇「結婚するにはどうしたらいいのだろう?」

1 2 3