恋愛&結婚 【20代で知りたかった30代の正解】「出会いがない」「いい男がいない」というから出会えなくなる

婚活にハマるほど男を見る目が節穴になる

36歳で一度も彼氏がいたことがないという女性がご相談に来たことがありました。婚活で何百人もの男性と出会っていたのですが、まずは男性に興味を持って会話をする練習をするために今まで断っていた会社の親睦会に初めて参加されたそうです。そこで、隣に座った男性に色々質問して話を聞いていたら、彼から「楽しかったから連絡先を教えて」と言われたそうです。

その後、仕事が終わってから食事に誘われるようになり、告白されて付き合うことになったとご連絡をいただきました。仕事ぶりも知っているし、一緒にいて楽でいい人だけれど、婚活にハマっているときは全く彼のような男性に気が付いていなかったそうです。

別の33歳美女は「いい男がいないんです。もう、妥協しないと結婚ってできないんでしょうか?」と発狂しそうに言っておりました。厳しいようだけれど、視野が狭く男を見る目がないことを受け入れてもらいました。

でも、彼女は外見だけではなく、明るく魅力的な人柄で人望もありました。これまで、友達が紹介してくれた男性もいたそうです。その男性は一度、会った時は何も興味を持たなかったそうですが、もう一度連絡して会ってみることにしました。興味を持って接してみたら、いい人で会話も弾み付き合うことになったそうです。

50%の確率で赤い糸を握っている

いろんな男性に出会える婚活サービスを使うことで、身近にすでにあるご縁を見落とす方はとても多いのです。

結婚相談所オーネットが公開している情報だと、2017年の成婚退会者は1万1,783人。そのうち、結婚相談所の会員同士で成婚したのは5,990人。残りの5,793人は結婚相談所以外で、結婚前提で真面目に交際する異性とめぐりあい退会しているようです。

私のところにご相談にいらっしゃる方々も、半分ぐらいの方は同僚や友だち、あるいは友達からの紹介などがきっかけで彼氏ができたり結婚したりしているのです。

「職場は既婚者ばかりで出会いがないんです」と言っていたけれど、見落としていた同僚独身男性と結婚した方は大勢いるのです。仕事関係者と結婚した方の中には20年近く勤務していたアラフォー女性もおりました。

「出会いがない」と言っていた頃は、「どうせ仕事だから」と手抜きな恰好で出勤していたそうです。それなのに「婚活の日」だけ気合をいれてもうまくいくはずがないですよね。

本当にあなたは出会いがないのでしょうか?もう出会っているかもしれないと思って、「出会い」のスイッチをいつもOFFにして毎日家を出ませんか?50%の確率で、すでに未来の旦那様に会っているかもしれません。

日々の生活の中で、出会いのスイッチをOFFにしてみよう!赤い糸につながれた未来の旦那様は、身近に存在するのかもしれませんよ。

オーネット https://onet.rakuten.co.jp/

賢人のまとめ

「出会いがない」「いい男がいない」と思うから出会いが無くなる。もう出会っていると思って過ごしましょう。

1 2