恋愛&結婚 【セカンド女子】元同僚が教えてくれる彼のリアルタイム浮気。浮気旅行を知った彼女が打った芝居の結果は……~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の映像制作を行う会社で映像編集の仕事をしている外崎唯さん(仮名・35歳)。茶色のショートカットはゆるいウェーブがかかり、色白の肌に前髪からのぞく凛々しい眉に目がいきます。服装は淡いパープルのタートルネックのセーターに、ストレートデニムを合わせています。見た目は小柄で華奢な雰囲気ながら、早口で会話を止めずに話し続ける姿は気の強さを感じさせます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は埼玉県で、両親と4歳上に姉のいる4人家族です。父親は公務員で、母親は小さい時は働いていなかったんですが、中学生ぐらいからフルタイムで働いていました。家族仲は普通ですが、父親がすごくキチッとした人間で、家族で出かける時も時間を決めると少しでも遅れると留守番になったり、お風呂の時間も父親は毎日21時と決まっていて、それに合わせないといけないのが窮屈でしたね。でも今私も時間にルーズなことが一番腹が立つことになっているので、しっかりと遺伝しているのかもしれません」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生になってからです。中学、高校時代はお金がなくてコンサートには行けてなかったんですが、ジャニーズにハマっていました。誰かと言うと、TOKIOの長瀬くんに。お小遣いで写真集を買ったり、ファンクラブに入会するのが限界で。ファンクラブに入ると当時はハガキでテレビ収録への参加募集が来たりしていたんですが、一回も行けませんでしたね。ビデオで録画をして、何回も同じ映像を見ていました。

大学でできた彼氏は同じ学部の人で、普段からずっと一緒にいるようになり気づいたら男女関係になっていたというか……。付き合いましょうなんて言葉はなかったです。でも彼のことがちゃんと好きだったし、いつからか男友達ではなくなっていたので。その彼とは、彼の家で半同棲状態になっていた時にしんどいと言われて振られました。私も彼の生活態度のルーズさにイライラしていたので、別れられてスッキリした記憶が残っています」

彼と別れてから気になる男性はできたそうですが、何もできないまま会えなくなってしまったそう。

「学校の近くの飲食店で働く男性のことをずっといいなって思っていました。長瀬くんに似たイケメンだったんです。でも、その男性の名前は名札が付いていたので知っていたんですが、その他は年齢など何も知りません。こんなところで声を掛けても、困るか嫌がられるかだろうし、万が一うまくいってもきっと大勢いる中の一人で遊ばれて終わるんだろうなって。見てるだけで楽しかったからいいんです」

入社した会社は社内恋愛、不倫が横行しているところで……

1 2