恋愛&結婚 【セカンド女子】「別れたくない」と言うしつこい既婚者男にはしつこさで対応!? 恋愛依存男性を撃退できた対処法~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にある不動産を扱う企業で正社員として働いている鈴木亜紀子さん(仮名・37歳)。茶色の髪は顔まわりにおくれ毛を残し、後ろにゆるく束ねられていて、淡いピンクのアイシャドウやチークが色素の薄い瞳によく似合っています。服装はミント色のトレンチコートに淡いピンクのカーディガンとベージュのロングスカートを合わせており、落ち着いた大人カジュアルといった感じです。声がやや小さく、おとなしい印象の受けた亜紀子さんですが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は東京の郊外で、両親と3歳下に弟のいる4人家族です。父方の祖父母が亡くなるまでは一緒に暮らしていました。小さい頃の記憶として残っているのは、面と向かってケンカはしないけど、険悪な雰囲気の漂う祖母と母を2人きりにしないようにずっと母親の側にいたことですかね。子供心に2人は仲良くないと気づいていて、2人がキッチンに立つ時などは一緒に料理に参加していました。お鍋こそ一緒だったけど、包丁やまな板は母用、祖母用と分かれていたので、どちらのものを借りると一番角が立たないかなどを常に考えていましたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「彼氏は大学生の時付き合ったのが初めてです。それまでは、いいなって思っている子がいたくらいで。彼氏は友人の紹介で知り合って、別の大学に通う1歳上の少しチャラそうな見た目の人でした。実は全然好きじゃなかったんですけど、グイグイ来られて断れなくて。それに付き合うまでに何度も私の友人を含め4人で遊びに行くなど、友人からの猛プッシュもあって、断りづらい雰囲気があったんですよ。でも、付き合ってからは一緒にいるのが意外と楽しくて、段々好きになっていきましたね」

彼との別れは突然。しかも、猛プッシュしてくれていた友人が原因だったとか。

「彼と友人の浮気が原因で、付き合って1年も満たない時に別れました。浮気されたのは私で、被害者も私なのに、その友人はただ泣き続けるだけで、側から見たら確実に私が悪者でしたね。彼が私に別れたいと言ってきた時も彼女同伴で、4人掛けテーブルで彼は彼女の隣に座ったんです。そのことが悲しかったというより、悔しかった。一切揉めずに別れたんですが、しばらくは彼のことを引きずっていました。悔しいから誰にも話しませんでしたが」

友人の結婚ラッシュから焦り、婚活をスタート。知人が連れてきた男性のことを第一印象から気になり……

1 2