恋愛&結婚 【セカンド女子】別れ方がわからず費やしたムダな10年、年上好きがもたらした負の連鎖~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内に住み、現在休職中の伊藤悠子さん(仮名・34歳)。頭の高い位置で一つに束ねられた黒髪は鎖骨まであり、少しクセが強く、全体的にうねっている印象。服装は白のタイトなノースリーブに、下はスキニーデニムを合わせていて、全体的にかなりスレンダーです。化粧気はあまりないものの、レンズが少しピンクかかった眼鏡や、ゴールドの時計、パステルカラーのカバンなど、少し派手好きな印象も受けました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は千葉県で、両親と2歳上の姉、5歳下に妹のいる5人家族です。家族仲は良いんですが、両親がとにかく過保護で心配性。何かするにも、母親への報告が絶対で、小さい頃はあまり気にしなかったんですが、その心配性は今もなので、少し窮屈な印象があります。一人暮らしを始めたのは就職してからなんですが、今でも毎日母親から連絡があるんですよ。まぁそれは姉妹は上も下もすでに結婚していて、私だけ売れ残っていることもあるんだとは思いますが……」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「専門学校の時です。高校を卒業した後に入った資格の専門学校で出会った人と付き合いました。付き合ったきっかけはなんとなく。何度か男女グループで一緒に勉強する機会があって、その後によく誘われるようになり、気づいたら彼から彼女扱いを受けていたというか。好きかと聞かれたら微妙だったんですが、居心地は悪くなかったんで。でも、彼とは徐々に距離を置かれて、付き合っていた期間は数か月しかありませんでした。彼に勝手に付き合っていると言いふらされ、別れた時も周りから聞かされましたね(苦笑)。彼を問い詰めることができなかったので、その時に避けられているのは別れたからなのかと、無理矢理に納得しようとしていましたね……」

少し押しに弱そうに見える悠子さんですが、次の恋愛でもその恋愛傾向がアダになってしまったとか。

「専門学校を出た後は、不動産会社に就職しました。そこで7歳上の上司と付き合うことになったんですが、彼はとにかく女性を思い通りにしたい男性でしたね。会社では、面倒見の良い感じで、第一印象は完璧。見た目も爽やかで、常にニコニコしている感じで、異性としても人気があったようなタイプです。付き合うことになったのは彼からのアプローチで。業務メールにプライベートな内容が多くなり、そこから2人で会う機会が増えて、ですかね。付き合って半年ぐらいは、ただただ優しかった印象です。

でも、それは偽りの姿。彼は怒りの沸点が異常に低く、少しでも言い返すと激昂されるようになっていきました」

徐々に本性を表す彼の攻撃性

1 2