恋愛&結婚 【セカンド女子】誰かに依存はしたくない!婚外子として生まれた自分と、母親の姿が重なった日~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1〜はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内にあるメーカーでマーケティングの仕事をしている赤田淳子さん(仮名・33歳)。目鼻立ちがハッキリとした美人で、やや吊り上がった瞳から少し気の強そうな印象を与える女性です。出身は千葉県で、母親と、叔母との3人家族。父親はいるものの母親とは不倫関係で、淳子さん自身は婚外子とのこと。自身もその影響を受けてか、自分が結婚することを想像さえできずにいました。それは、結婚願望が強い男性と付き合った時に強いストレスを感じるほどで……。

「彼も片親だったけど、私とはまったく考えが違って結婚願望も強く、子供も欲しがっていました。そんな彼とスパッと別れるため、情が邪魔しないように浮気相手を作ろうと思ったんです。最初に付き合った男性とは情が邪魔して、友人にも迷惑をかけてしまう別れ方をしていたので」

浮気相手を探すために淳子さんが参加したのが、ワイン会。友人の知り合いが主催している交流会でした。

「友人の紹介がないと入れない、タワーマンションで行なわれていた飲み会に参加して、そこで連絡先を交換した女性がいたんです。その人は色んな人と共同でさまざまな飲み会を企画していて、その中の1つだった「ワイン会」に参加してみました。そのワイン会は主催の女性が既婚者だったこともあり、“出会い”と銘を打っていないので、参加の半分以上が既婚者。既婚者をOKとしているのに、誰も夫婦で参加などはしていない。なんとなく艶っぽい雰囲気は感じていましたね」

ワイン会の他にも、イタリアン会、バーベキューなどさまざまなイベントに参加して、ある男性と親しくなっていきます。

「その男性は主催の女性と同じくさまざまなイベントを企画していて、4歳上の既婚者でした。そこには毎回同じ人はあまり参加していなくて、出会いを探しているとあからさまなアピールをしてくる人ももちろんいないから、思っていたよりスムーズに運ばなくて。主催男性はいつも一人で参加している私を気にかけてくれて、話をする機会が増えるにつれて、知り合いだけの身内飲みにも誘ってもらえるようになりました。そして2人で飲みに行くようになって男女関係になりました。最初は友人という感じだったんですが、私が彼氏の話をすることで安心して手を出してきたのかもしれません。お互い浮気相手だったら、面倒なことになる確率も減りますからね」

想像以上にあっさりと結婚願望の強い彼は去っていった

1 2