恋愛&結婚 【セカンド女子】クリぼっち回避は今年も無理。二股をかけた自分に残されたのは、不倫相手だけ~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1〜はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内で映像編集の仕事をしている河合恭子さん(仮名・34歳)。やや目尻の下がった切れ長の瞳や薄い唇、華奢なシルエットから、女性らしい儚げな雰囲気のある女性です。出身は愛知県で母親と4歳上に兄、2歳下に妹のいる4人家族。両親は父親の借金問題で、小学生の時に表面上の離婚をします。そこからルーズな男性が嫌いになったとはいうものの、最初に付き合った男性は女性にも時間にもルーズな男性。就職先を1年弱で辞めた後、勤めたアルバイト先で知り合った男性とすぐに恋愛関係に進展しますが……。

「彼は2歳上の契約社員で、バイトの統括をしていたので、直属の上司みたいな立場の人です。私は第一印象から好感を持っていて、彼もまんざらじゃなかったのか、入ってから1か月ほどで恋愛関係になりました。付き合うという言葉は一度だけ、彼から提案されたような軽い感じであったのみです。

彼とは、付き合って3か月ほどで彼の家で同棲することになりました。付き合ってからも仕事などもあってあまり家に帰らなかったので、気持ちが盛り上がってというよりも、お互い家賃を浮かそうという考えからですけどね」

そして、恭子さんにはもう一人、関係を持った男性がいたと言います。

「もう一人は、同じ職場の営業をしている4歳上の既婚者の男性です。私を面接でとってくれた人でした。その人と関係を持ったのは、飲み会の帰りです。彼はよくバイトの子をご飯に誘ってくれる人ですが、その日はたまたま私しかついていかなくて2人きりになっちゃって。ほろ酔いと、密かにナシじゃなかった気持ちもあって、彼に触れたくなってしまったんですよ。触れていくうちに気持ちも盛り上がって、その日のうちにホテルに。そこからたまに会う関係になりました」

どちらがより好きだったという言葉は口にしないものの、秘密の恋を優先する場面が多かったよう。

「オープンな恋のほうは一緒に暮らしていたし、職場でもずっと一緒だったから、特に会える努力は必要ないんです。でも、もう一人とはお互いに相手がいる分、調整しないといけない。内緒にしていたから、気配りも必要だったし。優先していたのは、それだけの理由です。深い意味はないと思っていました」

オープンな恋は彼からの言葉で破局。まったく引きずることがなかった理由は……

1 2