恋愛&結婚 【セカンド女子】地元の駅で彼家族を発見!同郷だと不倫はさらに地獄絵図に……~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にあるデザイン関連を扱う企業でDTPオペレーターの仕事をしている小林まさみさん(仮名・34歳)。パッチリとした目を引き立たせるような長いマツエクに目がいきますが、その他に色味はあまり使っていないようで男性受けも良さそう、茶色の肩につくぐらいの長さの髪はレイヤーがたくさん入っていて、ややモード系で個性的なヘアスタイルです。服装は白の深いVが入ったニットに、ウエスト部分に大きなリボンのあしらわれたカーキのワイドパンツ、黒のハイヒールを合わせていて、背が低いコンプレックスを隠しているとのこと。美人で個性的な雰囲気のあるまさみさんですが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は兵庫県で、両親と3歳上に姉のいる4人家族でした。今は父親がすでに病気で他界していて、姉夫婦が母親と同居してくれています。家族仲は普通じゃないですかね。どちらかというと両親は姉には厳しく、私には放任というか、何をするのにも反対されることはありませんでした。母親は過去に看護士をしていて、姉も同じく看護士に。私にも小さい頃から勧められてはいたんですが、興味が持てなくて嫌がり続けていたんです。母親とは今も仲良しですが、姉よりは距離は遠い関係性だと思います。今実家に帰ると、姉の旦那さんや姪などもいるから、2人で話すこともないですね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時にできた彼氏と、専門学校を卒業するまでずっと付き合っていました。期間は4年ほどなんですが。彼は1年の時のクラスメートで、本当にたまたま一緒のアルバイト先で働いていて、仲良くなった感じです。彼には遅刻癖があったこともあり、相手のお母さんに彼と一緒に通学してほしいと頼まれてからは卒業までずっと登下校も一緒にしていました。

高校の時は一度もケンカをしなかったほど、本当に仲良しだったんです。でも私は専門学校、彼は飲食店に就職して、そこからお互いが徐々に変わっていってしまって。彼は『学生とは違う』と、何か意見を言う度に私を下に見るようになったんです。なんとなくですけど、学歴コンプレックスみたいなものもあったのかもしれません。彼には、私が就職が決まる前に別に好きな子ができていたみたいで、就職後しばらくしたらサクッと振られました」

まさみさんの最初の就職は、印刷所の下請け会社。デザインの専門学校を出ていたこともあり、制作部でDTPや冊子内に入れ込むイラストなどを作ったりしていたそう。そこの営業マンだった4歳上の男性と、入社後3か月ほどで恋愛関係になります。

「彼はすごく背の高い、一見調子乗りに見えるところもあるけど、周りの空気を読む力に長けていて、成績優秀な営業マンでした。そんなに大きな会社じゃなかったから、制作部の人間は複数の仕事を掛け持ちしていました。ほぼ全員が営業とセットで仕事させられていて、私と彼はチームでそこから仲良くなりました。第一印象はただ“デカい”というだけでした。でも、いつからか仕事以外でも一緒にいるようになって、半同棲みたいな状態になっていました」

転職がうまくいった自分と、ダメだった彼

1 2