恋愛&結婚 【セカンド女子】自称サバサバ女子が陥った10年不倫。「親の終活」で目が覚めたものの、時すでに……~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪でオフィス用品のルートセールスの仕事をしている三浦静香さん(仮名・39歳)。黒髪のワンレンロングという美人でないと似合わないヘアスタイルが決まっていて、目力のある大きな瞳や、白くてきれいな肌を持つ美人です。服装は白のカシュクールカーディガンに、グレーのワイドパンツを合わせていて、スタイルもキレイ。美人でとっつき難い感じがするものの、モテる要素をたくさん持っていそうな静香さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は滋賀県で、両親と3歳と1歳上に兄のいる5人家族です。私の家族は昔からとても仲が良くて、今も正月は家族全員揃いますし、お盆の時期には家族で旅行に行ったりもしています。実は兄弟は全員まだ独身で、誰も結婚の予定さえないんです……。兄2人には彼女がいるのかさえ知りませんね。誰もその話題にさえ触れようとしないから。

でも、数年前のお正月に、私にだけ母親から『お母さんたちがいなくなってしまったら、あなたが一番心配』と言われてしまい……」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「最初に付き合ったのは高校2年生のとき。ぶっちゃけ、モテました。勉強はそこそこしかできなかったけど、私はバスケ部で、学生の頃って男女ともにスポーツができる子のほうがモテたりするじゃないですか。大人になって、足が速いことなんて役に立たないのに……(苦笑)。同じ学校の1つ上の人気者の先輩と付き合っていました。塾が一緒で、私のことを前から好きだったみたいで、告白されたからいいかなって。でも受験だったこともあって、ちゃんとしたデートなんて数えるほどしかなくて、自然消滅みたいな感じで終わってしまったんですよ」

高校を卒業した静香さんは、大阪の大学へ進学。一人暮らしを始めたこともあり、毎晩朝まで遊ぶような生活を送っていたと言います。

「実家は厳しくはなかったんですが、地元は夜遊びできる場所なんて何もなかった田舎だったから。大阪は何度か遊びに行ったことはあったけど、終電の時間を気にして夜遅くまで遊んだことはなくて。夜の大阪は刺激的なものばかりでしたね。学校の近くに借りた家は常に友達が泊りに来ていたし、オールでカラオケしたりと、勉強そっちのけで遊んでばかりでした。20歳を超えてからはお酒の味も覚えて、夜通しクラブで遊んだり、朝まで飲み歩いたり。周りの交友関係も派手になっていて、ナンパされた人と付き合ったこともあります。でも、どの男性とも2~3か月で別れるばかり。誰と別れても、一度も恋愛で泣くことなんてなくて、妙に冷めていましたね」

恋愛に淡泊だと思い込み、不倫にハマる

1 2