恋愛&結婚 【セカンド女子】好きな人を奪いたい一心で、「都合のいい女」から「匂わせ女」に…~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にある映像編集を行なう会社で制作スタッフとして働いている木村香子さん(仮名・31歳)。胸まである黒髪はツヤツヤで、きめ細やかなきれいな肌に目がいきます。服装は薄いピンクのジャケットに、ワイドパンツを合わせており、ややふくよかな印象。彼女は知人よりご紹介いただいた、匂わせ投稿をしていた過去の持ち主。なぜそんなことを行なってしまったのか。彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親と2歳下に妹のいる4人家族です。私の家はけっこう裕福で、過保護。私はずっと女子校で、親にはすべて報告しないといけませんでした。また、家の最寄駅からは歩いて10分弱の距離のところに家があったのに、塾や習い事の帰りは絶対に父親が迎えに来ていました。父が仕事で忙しい時は、近くに住んでいた祖父がわざわざ遠方から迎えに来てくれていました。母親は父の意向でクルマの運転をさせてもらえなかったんです。そう思うと、父の過保護っぷりは母に対してもあったんですよね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時に友人がアルバイト先で知り合った大学生たちと一緒に遊ぶ機会があって、その中の一人と付き合いました。彼からの告白で押し切られる感じで付き合ったのに、後々は私のほうがハマってしまって。私の家は高校生の時は友人の家でも外泊がダメだったので、結果拒み続けてしまって3か月ほどで振られました。そこから、彼に対してストーカーまがいのことをするようになってしまいました……」

当時香子さんがやってしまったというのは、典型的な待ち伏せ行為。アルバイトを許されていなかったため、親には図書館で勉強すると嘘をつき、彼のバイト先が見えるところでよく時間を潰していたそう。普通ならそれを嫌がる男性が多いように思いますが、彼はそんな香子さんを受け入れてくれたとか。

「彼は友人と同じベーカリーレストランで働いていたので、近くにあるファミレスやファーストフード店で時間を潰して、裏口から出てくる彼を見ていました。彼は厨房スタッフだったので、お店に入っても見ることはできないし、怖がられたらショックですから。

そんな行為について彼は気付いてなかったものの、友人にバレてしまって、彼にリークされたんです。完全に嫌われてしまったと思いました。でも、彼は私を呼び出して、『もう一度彼女になる?』って聞いてきたんです。ずっと諦められなかった思いを彼は再び受け入れてくれた。ますます彼のことが大好きになりました」

彼の『彼女』は一人ではなかった

1 2