恋愛&結婚 【セカンド女子】便利過ぎる時代の盲点!SNSアプリよりも浮気バレするアプリがあった!~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にある企業で派遣スタッフとして働いている辻亜希子さん(仮名・30歳)。鎖骨まである髪は毛先にいくにつれて茶色になっているグラデーションカラーで、赤いリップや、大きなシルバーのピアスなど、派手さを感じます。服装はタイトなグレーのパーカーにデニムを合わせて、上からはビックシルエットのカーキのコートとカジュアル。ハッキリとした顔立ちで、ハキハキと話す仕草からおとなしそうな雰囲気はありません。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は都内で両親との3人家族です。私の両親は年齢差が10歳もあり、母親のほうが年下。母親は昔から全然しっかりしていない人で、私のことをかわいがってくれた記憶はあまりありません。どちらかというと、私と競って父親を独り占めしたり、私よりもきれいだと思われたいのかメイクや服装を若ぶっていましたね。小さい頃こそ寂しさはありましたが、中学生ぐらいからはもうどうでもよくなりました。近くに父方の祖母が住んでいたので、初めてのブラジャーや、生理などもすべて祖母に教えてもらいましたから。今も母親とはあまり連絡を取っていませんね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時にアルバイト先の他校の男の子と付き合いました。私は高校では普通だったんですが、中学の時にいじめられていた経験があって、うまく女友達ができなくて、学校生活は全然楽しくなかったんですよ。完全に一人ぼっちというわけではなかったんですが、そこまで仲良くなれる友人はできなかった。でも、バイトでは気の合う仲間に恵まれて、その中の一人に告白されて付き合いました。彼は少しやんちゃな感じの子で、ピアスやごつごつしたアクセサリーを付けていたけど根は真面目な人で、2年弱付き合いました。別れたきっかけは彼がバイトに無断で来なくなって、そのまま疎遠になったから。急に連絡も取れなくて、どうしようもなくて。共通の友人から学校には行っているとは聞いていたので無事ではあったんですが、なぜこんなことを急にされるのか、まったく意味がわかりませんでした」

その後は特に誰かと付き合うなどはなく、高校、短大を卒業。希望の就職先に就くことができなかった亜希子さんは、短大時代から続けているコーヒーショップでアルバイトを続けます。そのお店には、小さな劇団員をしながらアルバイトをしていた男性がいて、よく一緒にいたとか。

「彼は1歳上で、大学を中退して、地方から役者を目指して上京してきていました。どこか中性っぽくて、異性として意識したことはなし。そんな彼にルームシェアを提案されたのは、私が短大を卒業して2か月ほど経った時でした。私はあんな実家なので、家を出たくて仕方なかったから即答でOKしましたよ。だって女の子とよりも気軽に生活できると思っていたから」

ひとつ屋根の下、お酒が男女関係の合図に

1 2