恋愛&結婚 【セカンド女子】非常事態に不倫男が優先するのは、やっぱり家族…2番を繰り返した女の顛末~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にあるIT企業でウェブ広告の営業をしている吉田翼さん(仮名・37歳)。肩につくぐらいの長さの髪は毛先が軽く巻かれており、ふたえ幅が広く、眉と目の間が狭いなど、やや日本人離れした顔立ちをしています(純血の日本人とのこと)。服装はグレーのハイネックのセーターに花柄のロングスカートを合わせて、上にはノーカラーのジャケットを羽織っています。派手な顔立ちなものの、ボソボソと小声で話すところから、少しおとなしそうな印象を受けました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は愛知県で、両親と3歳上に兄、2歳下に妹のいる5人家族です。私の家は母親がいつも中心にいて、みんな母親のことが大好きです。父親は普通のサラリーマンで存在感がない人と、一見バランスの悪いような2人なんですが、夫婦仲は昔からずっと良好でした。それは母親の手腕が光っていたから。家で必要なもの、例えばクルマとか冷蔵庫など大きなものを買う時は、大黒柱として父親を立てつつも見事に自分が欲しいものに誘導していくような賢い部分が母親にはあったから(笑)。亭主関白やかかあ天下という感じではないんですが、家族もずっとうまくいっていたのは、母親のおかげだと思っています」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「社会人になってから、合コンで知り合った人と付き合いました。私は学生の頃少し太っていて、いわゆるニキビ肌だったこともあり、まったくモテなくて、異性とは言葉を交わすことも授業などでしかありませんでしたね……。当時は強迫観念みたいに、毎日何度も洗顔をしていて、お肌は常にボロボロ。大学に入って、実はオイル肌じゃなくて乾燥肌で乾燥からくる肌荒れだったことがわかり、保湿をしっかりすることで肌荒れはきれいになったんですが、まぁ彼氏はできませんでしたね……。

社会人になってから、激務と心労が原因で激やせして、びっくりするくらいモテるようになったんですよ。その中で一番アプローチしてくれた彼と付き合いました」

しかし、わかりやすい愛情を注いでくれていたはずの初めての彼氏との付き合いで、あるトラウマが生まれたと言います。

「彼は大手商社の1歳上のサラリーマンだったんですが、とにかく女遊びが派手で、何度も見て見ぬふりをしていました。実際にかっこよかったし、初めての彼氏だから距離感があまりつかめなくて、どこまでヤキモチを見せていいのかもわからなくて。すべては彼に嫌われたくない、フラれたくないという思いからでした。

でも、実際は本命じゃなかったし、もしかしたら彼女でもなかったのかもしれません。一度電車で偶然会えた時にすごく気まずそうな顔をされて、『別車両で彼女と待ち合わせているから』と言われたんです。追いかけてくるなってことですよね。それがあまりにショックで、自分から連絡できなくなってしまったら、それっきり彼からの連絡もなくなりました」

上京後、3.11を経験。不倫相手は奥さんの元に帰っていった

1 2