恋愛&結婚 【セカンド女子】恋愛の仕方をいまさら変えられない…アラフォー独身女子の嘆きと決断~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内のウェブ広告を扱う企業で営業職の仕事をしている山崎博美さん(仮名・38歳)。黒髪は仲間由紀恵さんのようなストレートロングで、手入れがしっかりされているのかツヤツヤ、お肌もキレイで切れ長の瞳が印象的で美人です。服装は黒のVネックのセーターに、黒のパンツを合わせており、どちらもタイトで体のラインがハッキリわかるもので、スレンダーさが引き立っています。思わず男性が後ずさりしてしまうほどの美貌を持つ博美さんですが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親と1歳上に姉、3歳下に妹のいる5人家族です。3年ほど前に両親が熟年離婚をしてしまったのですが、私が一緒に暮らしていた時はずっと家族仲も夫婦仲も良かったんですよ。やりたいといったら習い事もさせてもらえていたし、父親はとくに娘たちには甘々でした。姉妹仲も良かったし、年齢も近かったから1つの服をシェアして、一緒に遊ぶことも多かったですね。一番下の妹だけが結婚していて、私は未婚で一人暮らし、姉はバツイチで今は実家で母親と2人暮らしをしています」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時に、同じ塾に通っていた同い年の男の子と付き合いました。最初は大手の塾に通っていたのですがいじめに遭って、地域の個人塾に高校3年のギリギリから入りました。個人塾の少人数制だったので休憩時間にみんなで話す機会もあって、受験に合格してからはよくそのグループで遊びに行っていて、付き合ったという流れです。

彼のほうが頭が良くて、都内の別々の大学へ進学したんですが、最初の頃はほとんどの時間を一緒に過ごしていたし、お互いの家にもよく遊びに来ていました。家が近所ということもあって、家族ぐるみの付き合いでしたね」

しかし、彼のお母さんのリークで彼の浮気が発覚。その後一度修復はしたものの、元には戻れなかったとか。

「彼のお母さんから、『大学に行こうと迎えにくる女性がいる』と教えてもらったんです。最初、彼はその女性を友人と言っていたんですが、一度彼の家の前で待ち伏せしたんです。そしたら、その女性は私という彼女がいることも知らなくて、彼とは男女の関係だと言われました。その後は派手にケンカをして、2~3か月無視するような状態が続き、一度は修復したんです。でも、彼の携帯が鳴るたびに浮気を疑うようになってしまって。その私の態度に彼も疲れたのか、大学2年の時に話し合いでお別れすることになりました」

不安にさせられるなら、関係を切ってしまえ

1 2