恋愛&結婚 【セカンド女子】私は日曜の女…繁華街の高額家賃だけを残した、バーオーナーとの恋~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にあるシステムインフラの構築企業でエンジニアサポートの業務を行なっている西崎美香子さん(仮名・36歳)。顎のラインでそろえられた髪は毛先を少し外ハネに、今回はリモートで取材をさせていただいたからなのか、スッピンに近い薄化粧でも黒目がちな大きな瞳が印象的で、整った顔立ちをされています。服装はミントブルーのカーディガンを羽織っており、ほのかに見える鎖骨のラインからスレンダーさがうかがえます。笑顔も多く、ハキハキと話すところからも、明るい雰囲気を感じますが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は都内で、両親との3人家族です。家族仲はとても良くて、両親との関係は小さい頃から今も良好です。母親は私が生まれてからはパート勤務だったんですが、それでもずっと薬剤師として働いていました。結婚してからも資格を活かして働く母親は私の自慢でしたね。私は母親が大好きだったので、褒められたい一心で勉強はとても頑張りました。学年でも常に上位で、勉強が苦だったことは一度もありません」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生の時です。合コンで知り合った男性と2か月ほど付き合いました。彼は別大学の同い年の学生で、大学のレベルは私よりも下でしたね。付き合ったきっかけは何度か遊びに誘われて、付き合ってほしいと言われたから。別れたのは付き合っていても楽しくなくて、お互いフェードアウトしていったんです。実は彼と付き合っている間も高校時代の好きな人のことが忘れられなくて、実際に付き合っている人は適当にあしらっていたところがありました。高校時代の彼は3年の時のクラスメートで、2人きりじゃないけど何度も一緒に遊んだこともありますし、同じ予備校にも通っていたなど接点も多くて。付き合う直前まではいったんですが、受験もあって友人関係のまま終わってしまいました。高校時代に告白していたらと、しばらくは後悔していましたね」

大学時代は2か月で終わった彼以外にも、恋愛関係になった男性が1人いたとか。

「その人は、私が友人と飲みに行っていた居酒屋の店員で、フリーターで役者の卵だと言っていました。最初は合コンをしようと私の友人と連絡先を交換していて、その開催された合コンで意気投合した感じです。彼とはその後に何度かデートをして、男女の関係になったんです。でも、その時にまったく隠さずに遠距離中の彼女からかかってきた電話に普通に出られてしまって……。すごくプライドを傷つけられました。本当にムカついたからその場で彼を殴って、すぐに彼の家を飛び出して、電話も着信拒否にして。

でも、その後メールも一切入ってくることはありませんでした。元々電話で連絡してくる人だったけど私と連絡を取りたかったら、共通の知り合いもいるんだから何とでもなったのに。結局彼の答えはただの浮気相手ってことですよね……。その時はたまたま相手が悪かっただけだと、無理矢理にでも思い込んでいました」

社内では既婚者や彼女持ちからのアプローチのみ

1 2