恋愛&結婚 【セカンド女子】不倫ひと時、後悔一生!コロナ禍で孤立する独身アラフォーという現実~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にあるデジタルマーケティング事業を展開する企業で営業の仕事をしている三宅梨花さん(仮名・37歳)。梨花さんは元々週に2度くらいのペースでオフィス以外の場所で仕事をしていたようで、今は完全に在宅勤務になっているとのこと。在宅が長くなったことであえて今は毎日化粧をして着替えてとメリハリをつけているそうで、オンラインでの取材時も小さい画面からもわかるくらいアイメイクがハッキリしていました。キリッとした目から一見気の強そうな印象を受けますが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で両親と父方の祖母との4人家族で、祖母は私が学生の頃に、父親は数年前に病気で亡くなり、母親は今は九州の母方の親族の近くで一人暮らしをしています。家族仲は良くて、母親と祖母の関係も良好でした。でも、父親がいなくなってから、母親がふさぎ込むようになってしまって、母親自ら地元に戻りたいということで九州に帰ってしまいました。今はほとんど連絡をとっていません。このコロナ禍でもちっとも心配されていないのか、まったく連絡がなくて、私から連絡することもありません。不仲というわけではないんですが、徐々に疎遠になって、そのままという感じです」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校1年の時に、別の高校に通う同い年の男の子と付き合いました。その子は私と同じ高校の女友達の紹介で知り合い、1年半ほど付き合いました。別れたのは、私と同じ学校の女の子と浮気したから。私の友人はその女の子にも彼のことを紹介していたんですよ。おそらく、紹介だけだともっと人数はいたと思います。浮気きっかけでケンカ別れしたから、そこから友人とも気まずくなってしまって。それを知った周りの女子たちのほとんどが、友人のほうについてしまい、残りの高校生活は質素におとなしく過ごしました。いじめられてはいないけど、集まりには呼んでもらえないといった感じでしたね。その子のせいで、高校生活はあまりいい思い出として残っていません」

都内の有名大学に進学し、1年の時に付き合った男性とは半同棲状態になりますが、相手の夜遊びからケンカが絶えなくなり、3か月で別れてしまいます。

「付き合ったきっかけは、同じ講義をとっているグループで仲良くなって、その中の1人と友人の延長でとなんとなく付き合ったという感じです。相手の1人暮らしのマンションが学校から近くて、利便性から何度も行くようになり、男女関係になりました。でも、彼は元々男友達が大勢いてフットワークも軽いから、彼女になっても優先してくれることはなくて、それでケンカすることばかり。最後はイライラし続けるのに疲れて、私の方からお別れを言いました。別れた後も別に引きずったりはしていません」

優しい彼ができたものの、元カレとなんとなく復縁

1 2