恋愛&結婚 【セカンド女子】長い片思いの果ての不倫、一緒にいてくれるだけでいい女の口癖は…?~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にある輸入食品などを扱う企業で事務の仕事をしている大野若菜さん(仮名・33歳)。若菜さんは契約社員で、現在も週5の出社をずっと続けているとのこと。正社員はリモートがメインに、派遣社員は自宅待機になっており、仕事は以前より忙しくなっていると言います。眉のラインで揃えられた前髪から目の大きさが引き立ち、タレ目なところからもかわいらしい雰囲気を感じます。彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は兵庫県で、両親と3歳下に妹のいる4人家族です。学生の頃はやんちゃで今ではまったく興味ないんですが、少し悪いことがカッコいいと思っていましたね(苦笑)。それでも内心はビビりなところがあって、親には迷惑をかけない程度でしたけど。全盛期は中学生の頃で、高校の時にクラスメートから一方的な無視に遭って、一気におとなしく、陰キャになりました」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時に、最初は少し派手なグループに所属していて、その子たちを介して知り合った他校の子と付き合いました。でも、その子のことはまったく好きじゃなかったから、彼女扱いを受けることを気持ち悪いと思ってしまって、すぐに別れたんです。

その後異性が少し苦手になる時期があって、それがノリが悪いと思われたのか、女子グループから外されるきっかけになってしまいました。今思えばそんなの気にしなければいいことなのに、思春期だった頃は友人関係がすべてで、異性だけでなく同性も苦手になり、まったく友人がいない期間が半年ぐらいありました。見かねたおとなしいグループの女の子が仲間に入れてくれたんですよ」

目立たないことだけを意識した高校生活を終えて、同じ高校からは誰も進学しなかった京都府内の短大へ進学。そこでは友人にも恵まれ、ちゃんと好きで付き合った彼氏もできたそう。

「その短大を選んだのは、推薦で受験することなく行けるところだったし、実家から微妙に遠くて一人暮らしをさせてもらえるところだったから。なんとなく地元を離れたかったんですよ。

ずっと共学で、女子ばっかりの空間は初めてだったので戸惑いましたけど、入学式で近くの席になった子と仲良くなることができて、そこそこ明るくはなれたかな。彼氏は、その子たちと行った合コンで知り合った人です。彼は近くの大学に通う1歳上で、要潤さんに少し似ていて、第一印象から気に入っていました。ちゃんと付き合う前に段階を踏んで、誠実そうな雰囲気も大好きだったんです」

誠実そうな彼に浮気され、性病をうつされる

1 2