恋愛&結婚 【セカンド女子】絶対に結婚できるとしたら、あなたは30代の10年を不倫に捧げますか?~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪府内にある食品商社で派遣スタッフとして働いている千鶴さん(仮名・35歳)。千鶴さんは経理事務の仕事をしていて、今は月末月初のみの出勤で、在宅勤務を続けているそう。ハキハキと話すところからもしっかりした印象を受けますが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は岡山県で、両親との2人の兄がいる5人家族です。父親はすごく厳しい人で、先にご飯を食べることもお風呂に入ることも家では許されていませんでした。私は手をあげられることはなかったけど、兄2人が殴られているところを小さい頃から何度も見ていたので歯向かう気さえも削ぎ落とされていました。

母親は明るい人なんですが、父親から私たちを庇ってくれることはなくて……。父の言いなりで昔は頼りなく見えていました。両親がそんな感じだったからか、兄妹仲はとても良いんです。兄2人とも、父を反面教師にとても優しい男性に育って、今は義姉の尻に轢かれまくっていますね(苦笑)」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学生の時に、幼稚園から一緒だった幼なじみと付き合いました。お互い意識していて、同じ高校を受験して受かったら付き合おうって約束をして、2人とも無事受かったので。田舎だったから付き合ってすぐに公認みたいな感じになって、ずっと付き合ったまま高校を卒業して、一緒に関西の大学と短大に進学したんです。さすがに一緒に暮らすことはお互いの親たちも許してくれなかったけど、2人ならって親たちは反対することもなく関西に送り出してくれました。そこから短大卒業前までは付き合っていました。

別れた理由は、私のほうが心変わりしてしまって……。同じアルバイト先に好きな人ができてしまったんですよ」

しかし、幼なじみの彼と別れるきっかけになった彼との付き合いは、1年弱で終わってしまったとか。

「あっちは私を彼氏から奪うのが好きだったんでしょうね。典型的な釣った魚にエサを与えないタイプで、私が就職のためにバイトをやめたすぐ後に、彼氏持ちの女に手を出していました。しかもその子は、私と彼が出会った同じバイト先の子で、私とも少しだけバイト時期がかぶっていたのでお互い存在を知っていたんですよ。幼なじみの彼を裏切った罰がすぐ来たって感じでしたね……」

上司の好意は迷惑でしかなかった

1 2