恋愛&結婚 【セカンド女子】彼女がいるのに「好き」と言ってきた男に制裁を、100円ライターに宿った女の執念~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1〜はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内にある運送業を行なう会社で事務の仕事をしている麻美さん(仮名・36歳)。目鼻立ちのハッキリとした美人な女性です。出身は都内で、両親と3歳上に姉のいる4人家族。両親から優秀な姉と比べられ続けて、何をやってもかなわないという意識を植え付けられたと言う麻美さん。高校の時の彼氏には浮気され、大学ではいい感じだった男性と1年以上進展しない関係を続けます。就職して副業アルバイトで好きな人ができた時も、まったく良いイメージを描けなかったとか。

「彼は元美容師で、就職先を1年足らずでやめてフリーターになり、やりたいことを探し中だというフワフワした感じでした。見た目はカッコよくておしゃれだったけど、合コンなどで知り合ったら確実に好きになるタイプではありません。大卒のちゃんとしたサラリーマンと結婚したいという夢があったので、フリーターなんて論外だと思っていましたから」

話し上手で人当たりも良い彼はお店の人気者。麻美さんも彼の人柄に惹かれて、いつしか好きになっていたそう。しかし、彼には学生の時から付き合っている彼女がいました。

「一緒に働くと、彼は仕事の覚えも早くて要領も良くて、仕事ができるタイプでした。それに見た目がカッコいいから、お客さんに声をかけられることまであって。気づいたらヤキモチを焼いている自分がいたんです。

週末のお店は終電に間に合わないことも多くて、始発までお店で過ごすんですが、そこで彼女の存在を彼の口から何度も聞いていました。彼女は同じ専門学校で知り合った美容師だということ、それに自分が先に美容師を投げ出してしまったことで彼女に負い目があるとも言っていました」

進展しない関係が2年以上続く中、麻美さんは体調を崩してアルバイトをやめることに。最後に思い出として告白をしたと言います。

「もう仕事で会えなくなるなら、気まずくなることもないしと思って。バイト先で開いてもらった送別会の後に2人で飲みに行って、気持ちを伝えました。彼はありがとうと、そして『今の彼女と結婚するつもり』と言われました。気持ちいいほどサクッとフラれましたね」

浮気相手に彼女の行動の報告はいらない

1 2